ゼチーア®️併用によりワーファリン®️の効果が増強され安定化される?(Heart Vessels. 2017)

Ezetimibe enhances and stabilizes anticoagulant effect of warfarin.

Hashikata T, et al.

Heart Vessels. 2017.

PMID: 27052207

【目的】

エゼチミブは、ニーマンピックC1様タンパク質1(Niemann-Pick C1-like protein 1, NPC1L1)を阻害することにより、低密度リポタンパク質コレステロールの血漿レベルを低下させる。最近の研究では、NPC1L1がビタミンKを含む脂溶性ビタミンの吸収に重要な役割を果たすことが実証された。エゼチミブの追加治療がワルファリンを服用している患者の抗凝固に影響するかどうかを評価した。

【方法】

2007年10月から2015年3月までに、ワルファリンによる経口抗凝固療法をすでに受けていた合計101人の外来患者に対してエゼチミブの投与が開始された。

血中脂質レベル、プロトロンビン時間国際標準化比(PT-INR)および治療INR範囲(TTR)の時間を後向き(遡及的)に分析した。

【結果】

71人の患者(70%)は、エゼチミブ治療後にPT-INRの増加を示した(1.96±0.45〜2.20±0.61、p <0.001)。臨床適応のために101人中9人においてワルファリン投与量を減らす必要が生じた。

ベースラインでのPT-INR変化とスタチン使用量の間には、有意な正の相関があった(p = 0.03)。スタチンを服用している患者のPT-INR変化の平均値(0.34±0.54 vs. 0.06±0.36、p = 0.03)、TTRの増加(52±26 から 61±23%、p <0.0001)およびエゼチミブ併用後のワルファリン投与量を変更する頻度の減少[735検査日のうち45回(6%)から695検査日のうち20回(3%)、p = 0.02]は、スタチンを服用していない患者よりも有意に大きかった。

【結論】

本研究データは、ワルファリンとエゼチミブの薬物相互作用の可能性を示唆している。 エゼチミブは、特にスタチンを服用している患者において、ワルファリンの抗凝固効果を高め、安定させる可能性がある。


【コメント】

アブストのみ。

ワーファリン®️とゼチーア®️のビタミンKを介した相互作用、作用機序としては相関していそう。実際にワーファリン®️の用量変更に至ったのは10人に1人程度でしょうか。ワーファリン®️服用中(特にスタチン併用)の患者における新規のゼチーア®️使用により、PT-INRが延長した場合は、相互作用の可能性も考慮した方が良いのかもしれないですね。もちろん食事や環境の変化についてヒアリングは必要ですが。

ただ如何せん検討した症例数(101例)が少ない。

今後の報告に期待したい。

非弁膜症性心房細動患者における骨折リスクはプラザキサ®️とワーファリン®️どちらが高いですか?(中国 人口ベース後向き研究; JAMA 2017)

Association Between Dabigatran vs Warfarin and Risk of Osteoporotic Fractures Among Patients With Nonvalvular Atrial Fibrillation.

Lau WC, et al.

JAMA. 2017 Mar 21;317(11):1151-1158.

doi: 10.1001/jama.2017.1363.

PMID: 28324091

【試験の重要性】

非弁膜症性心房細動(nonvalvular atrial fibrillation, NVAF)患者におけるダビガトラン使用による骨粗鬆症性骨折リスクは不明である。

【目的】

NVAF患者におけるダビガトランとワルファリンによる骨粗鬆症性骨折のリスクを調査する。

“非弁膜症性心房細動患者における骨折リスクはプラザキサ®️とワーファリン®️どちらが高いですか?(中国 人口ベース後向き研究; JAMA 2017)” の続きを読む

冠動脈疾患あるいは末梢動脈疾患を有する非弁膜症性心房細動患者にはイグザレルト®️とワーファリン®️どちらが良さそうですか?(; Eur Heart J Cardiovasc Pharmacother. 2019)

Effectiveness and safety of rivaroxaban vs. warfarin in patients with non-valvular atrial fibrillation and coronary or peripheral artery disease.

Coleman CI, et al.

Eur Heart J Cardiovasc Pharmacother. 2019.

PMID: 31549153

【目的】

通常の診療で治療される冠動脈疾患(CAD)および/または末梢動脈疾患(PAD)を伴う非弁膜性心房細動(NVAF)患者におけるリバーロキサバンとワルファリンの有効性および安全性を評価するデータはほとんどない。

“冠動脈疾患あるいは末梢動脈疾患を有する非弁膜症性心房細動患者にはイグザレルト®️とワーファリン®️どちらが良さそうですか?(; Eur Heart J Cardiovasc Pharmacother. 2019)” の続きを読む

DOACsとワルファリンはどちらが優れていますか?(イギリス人口ベースのコホート研究; BMJ 2018)

【私的背景】

イグザレルト®️(リバーロキサバン)を検討したPIONEER-AFやROCKET-AF等の過去の臨床試験結果において、ワーファリン®️(ワルファリン)と比べて、より新しい抗凝固薬であるDirect Oral AntiCoagulants(DOACs)の有益性が示唆されている。

だがいずれの試験も対照薬であるワルファリンに不利となるような因子がある。例えばPIONEER-AFでは患者背景にバラツキがあり、ワルファリン群に不利となる条件だった。またROCKET-AFでは、プロトロンビン時間国際標準比(Prothrombin Time-International Normalized Ratio, PT-INR)を測定する機器(Point-Of-Care Warfarin Monitoring)にリコールがあった。

しかしリコールと非リコールでのサブグループ解析でも結果は同じ、つまり問題はないとされた(https://www.bmj.com/content/362/bmj.k2505?hootPostID=4d765f3ab1f9ae27fd05a9962c75bbe7 ; https://www.bmj.com/content/363/bmj.k4413)。

個人的にはサブグループ解析はあくまで仮説生成であり,結果に差があろうとなかろうと情報の信頼度は低いと考えている.本当にDOACsはワルファリンよりも優れていると結論付けて良いのか?この部分を明らかにしていくために本コホート研究を読んでみた。

ちなみにイグザレルト®️はバイエル薬品から発売されている。バイエル薬品といえば、過去に個人情報のコンプライアンス違反副作用についての虚偽報告をした件があり、厚生労働省から改善指導がなされている(https://mainichi.jp/articles/20170715/k00/00m/040/106000c.amp ; https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000179072.html)。

 


Risks and benefits of direct oral anticoagulants versus warfarin in a real world setting: cohort study in primary care.

Vinogradova Y et al.
BMJ. 2018 Jul 4;362:k2505.
doi: 10.1136/bmj.k2505.
PMID: 29973392
 

【試験の目的】

 直接経口抗凝固薬(DOAC)と出血のリスク、虚血性脳卒中、静脈血栓塞栓症との関連性を調査すること、そしてすべてがワルファリンと比較して死亡率を引き起こすこと。

【試験デザイン】

 前向きオープンコホート研究

もっと読む