2型糖尿病患者における早期の血糖コントロールは合併症をどのくらい防げますか?(Diabetes Care 2018)

The Legacy Effect in Type 2 Diabetes: Impact of Early Glycemic Control on Future Complications (the Diabetes & Aging Study)

Laiteerapong N et al.

PMID: 未

SUPPLEMENTARY DATA:http://care.diabetesjournals.org/content/diacare/suppl/2018/08/12/dc17-1144.DC1/DC171144SupplementaryData.pdf

研究の目的

糖尿病性合併症および死亡に対し早期の血糖コントロールおよび遺産効果(a legacy effect)を検討する。

研究デザインと方法

本コホート研究は、新たに2型糖尿病と診断され、その後10年間生存している患者を対象とした(試験実施期間:1997–2013年、平均フォローアップ期間:13.0年、N= 34,737)。

糖尿病と診断されてからの各期間(0~1、0~2、0~3、0~4、0~5、0~6および0~7年)において、HbA1c 6.5%未満(<48 mmol/mol)、6.5%〜6.9%(48 to <53 mmol/mol)、7.0%〜7.9%(53 to <64 mmol/mol)、8.0%〜8.9%(64 to <75 mmol/mol)あるいは9.0%以上(≧75 mmol/mol)と、将来の微小血管(末期腎疾患、進行性網膜症、下肢切断)イベントや死亡との関連性について、人口統計やリスク因子、並存疾患、HbA1cについて調整し検討した。

結果

試験開始0~1年の早期曝露において、HbA1c 6.5%未満(<48 mmol/mol)と比較し、HbA1c 6.5%以上(≧48 mmol/mol)では微小血管および大血管イベントの増加と関連していた。例えば、HbA1c 6.5~6.9%(48 to <53 mmol/mol)における微小血管イベントは、ハザード比(hazard ratio, HR)=1.204(95%CI 1.063~1.365)。

またHbA1c 7.0%以上(≧53 mmol/mol)では死亡増加と関連していた。例えばHbA1c 7.0〜7.9%(53 to <64 mmol/mol)における死亡イベントは、HR =1.290 (95%CI 1.104~1.507)。

HbA1c 8.0%以上(≧64 mmol/mol)に長期間暴露された場合、微小血管イベントおよび死亡リスクが増加していた。

結論

新たに糖尿病と診断され10年生存した患者のうち、診断後1年目のHbA1c値が6.5%以上(≧48 mmol/mol)の患者では、よりアウトカムの悪化と関連していた。

新規に糖尿病と診断された患者のために、即座に、集中的に治療することは、糖尿病性血管合併症および死亡に対し長期的なリスクを避けるために必要であるかもしれない。


コメント

あくまで観察研究ですが、非常に興味深い結果です。ただし新規性は乏しいと考えられます。早期かつ初期の2型糖尿病患者に対し厳格な血糖コントロールが種々のイベントを低下させることは以前から報告されています。

ここは個々のアウトカム次第だと思いますが、(薬剤性)低血糖なしに厳格な血糖コントロールが行えるならば、これに越したことはありません。しかし、本研究における各イベントに対する厳格な血糖コントロールの効果推定値をみると「イマイチ効果が得られなそう」という印象。7~7.9%なら微小血管イベントはあまり増えず、死亡が少し増加といったところ。

個人的には、ほどほどな血糖コントロールで良い気がする。

 

 

 

-Evidence never tells you what to do-




👇 ポチッていただけますと喜びます。

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

経皮的冠動脈インターベンション実施患者におけるcangrelor、エフィエント®、ブリリンタ®およびプラビックス®の比較:ネットワークメタアナリシス(Cardiovasc Revasc Med. 2017)

A comparison of cangrelor, prasugrel, ticagrelor, and clopidogrel in patients undergoing percutaneous coronary intervention: A network meta-analysis.

Westman PC et al.

Cardiovasc Revasc Med. 2017 Mar;18(2):79-85. doi: 10.1016/j.carrev.2016.10.005. Epub 2016 Oct 21.

PMID: 28089137

試験の背景

従来薬(例えばプラビックス®️、クロピドグレル)と比べ、より新しいP2Y12阻害剤、特に静脈内P2Y12阻害剤cangrelor(本邦未承認)は、より迅速な血小板阻害発現を有する。

Cangrelorと経口P2Y12阻害薬ブリリンタ®️(チカグレロル)とエフィエント®️(プラスグレル)との直接比較は未だ報告されていない。従って、経皮的冠動脈インターベンション(percutaneous coronary intervention, PCI)を受けている患者において異なるP2Y12阻害剤を直接的および間接的に比較するためのネットワークメタアナリシスを実施した。

試験方法

Cangrelor、クロピドグレル、プラスグレル、およびチカグレロールのうち少なくとも2つのP2Y12阻害剤を比較したランダム化比較試験(randomized controlled trials, RCTs)についてMEDLINE/PubMedおよびClinicalTrials.govを検索した。

ベイジアンアプローチを用いたネットワークメタアナリシスを行い、前述のP2Y12阻害剤の効果について臨床アウトカムを直接的および間接的に比較した。

アウトカムを比較するランダム効果モデルを使用して、オッズ比(Odds ratios, OR)および信用区間(credible intervals, CrIs)を算出した。

結果

この分析には、PCI時点でcangrelor(n =12,475)、クロピドグレル(n =26,903)、プラスグレル(n =7,455)、またはチカグレロール(n =7,192)に無作為化された54,025人の患者を含む15件のRCTが含まれた。

患者の平均年齢は63±10歳、男性は74%、急性冠症候群のPCI施行は82%であった。

Cangrelorとクロピドグレルの間に有意差は認められなかった;

 心血管死 OR =1.01 [CrI 0.23〜4.39]

 心筋梗塞 OR =0.94 [CrI 0.69〜1.25]

 重大な有害心イベント OR =0.91 [CrI 0.69〜1.18]

 ステント血栓症 OR =0.66 [CrI 0.37〜1.19]

 大出血 OR =1.52 [CrI 0.79〜2.98]

ランク確率データは、これらの差は有意ではなかったが、虚血​​性イベントを減少させるために、チカグレロールおよびプラスグレルがcangrelorより優れていることを示唆した。

結論

Cangrelorによる急速な血小板阻害にもかかわらず、新規経口P2Y12阻害剤、例えば、チカグレロールおよびプラスグレルは、同等の臨床アウトカムを有する。

KEYWORDS

Cangrelor; Network meta-analysis; P2Y12 inhibitors


コメント

本試験はベイジアンネットワークであるため、信頼区間ではなく、より直感的な信用区間が用いられている。

比較的新しいcangrelorは本邦未承認であり、過去の臨床試験ではクロピドグレルよりも有効である可能性が示唆されている。しかし本Network Meta-Analysisでは、有意差は無いもののチカグレロールやプラスグレルの方がcangrelorより虚血性イベントに対しては有効そうな傾向が認められた。

PRAGUE-18の結果と同じような傾向が認められた。

 

 

-Evidence never tells you what to do-




👇 ポチッていただけますと喜びます。

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

PCI治療を受けた急性心筋梗塞患者におけるエフィエント®️ vs. ブリリンタ®️(PRAGUE-18 trial; Circulation 2016)

Prasugrel Versus Ticagrelor in Patients With Acute Myocardial Infarction Treated With Primary Percutaneous Coronary Intervention: Multicenter Randomized PRAGUE-18 Study.

Motovska Z et al.

Circulation. 2016 Nov 22;134(21):1603-1612. Epub 2016 Aug 30.

PMID: 27576777

ClinicalTrials.gov. Number: NCT02808767.

試験の背景

これらの新しいP2Y12阻害剤のより高い有効性がクロピドグレルと比較して最初に実証されて以来、7年間で、ticagrelorおよびプラスグレルの有効性および安全性の無作為化比較が発表されていない。

“PCI治療を受けた急性心筋梗塞患者におけるエフィエント®️ vs. ブリリンタ®️(PRAGUE-18 trial; Circulation 2016)” の続きを読む

【メモ】スタチンの力価換算表( the ACC/AHA Guideline on Treatment of Blood Cholesterol 2013)

2013 ACC/AHA guideline on the treatment of blood cholesterol to reduce atherosclerotic cardiovascular risk in adults: a report of the American College of Cardiology/American Heart Association Task Force on Practice Guidelines.

Stone NJ et al.

J Am Coll Cardiol. 2014 Jul 1;63(25 Pt B):2889-934. doi: 10.1016/j.jacc.2013.11.002. Epub 2013 Nov 12.

PMID: 24239923

表1. Statin Dose Intensity and Equivalency Chart


コメント

以前から気になっていたスタチンの力価換算。

代用のアウトカムですがまとめてみました。リスク・ベネフィットを踏まえる際に活用できるのではないかと考えています。

 

 

 

-Evidence never tells you what to do-




👇 ポチッていただけますと喜びます。

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

急性脳卒中あるいは一過性脳虚血発作患者における2次予防はブリリンタ®️とバイアスピリン®️どちらが優れていますか?(SOCRATES trial; NEJM2016)

Ticagrelor versus Aspirin in Acute Stroke or Transient Ischemic Attack.

Johnston SC et al.

N Engl J Med. 2016 Jul 7;375(1):35-43. doi: 10.1056/NEJMoa1603060. Epub 2016 May 10.

PMID: 27160892

ClinicalTrials.gov number: NCT01994720

Funding: AstraZeneca

試験の背景

急性脳虚血患者における再発性脳卒中および心血管イベント予防のために、ブリリンタ®️(チカグレロル)はバイアスピリン®️(アスピリン)よりも有効な抗血小板療法であり得る。

チカグレロルとアスピリンの直接比較を検討したSOCRATES trialをご紹介します。


“急性脳卒中あるいは一過性脳虚血発作患者における2次予防はブリリンタ®️とバイアスピリン®️どちらが優れていますか?(SOCRATES trial; NEJM2016)” の続きを読む

高血圧患者に対する降圧目標と心血管疾患(CDCR 2018)

Blood pressure targets for the treatment of people with hypertension and cardiovascular disease.

Saiz LC et al.
Cochrane Database Syst Rev. 2018 Jul 20;7:CD010315. doi: 10.1002/14651858.CD010315.pub3.
PMID: 30027631

バックグラウンド

これは2017年に公表されたレビューのファーストアップデートである。

高血圧症は早期罹患と死亡の予防可能な主要原因である。高血圧および確立された心血管疾患を有する人々は特にリスクが高いため、血圧を標準的な目標値よりも下げることが有益であり得る。この戦略は、心血管死亡および罹患率を低下させる可能性を有しているが、有害事象を増加させる可能性もある。

高血圧および心血管疾患を有する集団における最適な血圧目標は未知のままである。

“高血圧患者に対する降圧目標と心血管疾患(CDCR 2018)” の続きを読む

超高齢者における死亡原因と血圧には関連性がありますか?(BMJ 2018)

Revisiting the association of blood pressure with mortality in oldest old people in China: community based, longitudinal prospective study.

Lv YB et al.

BMJ. 2018 Jun 5;361:k2158. doi: 10.1136/bmj.k2158.

PMID: 29871897

試験の目的

中国の超高齢者について、3年間の全死亡および死亡原因と血圧との関連性を明らかにする

“超高齢者における死亡原因と血圧には関連性がありますか?(BMJ 2018)” の続きを読む

【寄稿のお知らせ】AHEADMAP会報誌・臨床批判Vol.2 No.3(2018年7月)

AHEADMAP会報誌・臨床批判Vol.2 No.3

AHEADMAP会報誌に寄稿しました。

日本で実施されたJ-DOIT3試験を例に、PROBE法とソフトエンドポイントの組み合わせについてリスク-ベネフィットの考察をおこないました。

そして薬剤を使用するということ、薬剤師の可能性について私見を述べさせていただきました。

拙文ですが御一読いただけますと幸いです。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

以前の寄稿内容はこちら↓

https://noirvan13.xsrv.jp/2018/01/29/【寄稿のお知らせ】aheadma…誌・臨床批判vol-2-no-1/

 

以下の画像をクリックすると 、

AHEADMAPホームページ

に飛びます 。

【代用のアウトカム】喘息患者における標準治療へのドメナン®️あるいはシングレア®️/キプレス®️追加効果はどのくらいですか?(Lung India. 2018)

Comparison of oral montelukast with oral ozagrel in acute asthma: A randomized, double-blind, placebo-controlled study.

Magazine R et al.

Lung India. 2018 Jan-Feb;35(1):16-20. doi: 10.4103/lungindia.lungindia_226_17.

PMID: 29319028

Financial support and sponsorship

Nil.(ゼロ)

Conflicts of interest

There are no conflicts of interest.

私的背景

久しぶりに喘息患者へのオザグレル(ドメナン®️)処方に出会いました。ググってみたところ2018年の論文が見つかったので、早速読んでみました。

“【代用のアウトカム】喘息患者における標準治療へのドメナン®️あるいはシングレア®️/キプレス®️追加効果はどのくらいですか?(Lung India. 2018)” の続きを読む

【代用のアウトカム】インフルエンザウイルスの感染力は湿度によって異なりますか?(J Infect Dis. 2018)

Influenza Virus Infectivity Is Retained in Aerosols and Droplets Independent of Relative Humidity.

Kormuth KA et al.

J Infect Dis. 2018 Jun 7. doi: 10.1093/infdis/jiy221. [Epub ahead of print]

PMID: 29878137

研究の背景

パンデミックおよび季節性インフルエンザウイルスは、広範な環境条件にわたってウイルスが安定して感染性を維持しなければならない。これにはエアロゾルおよび液滴を介して伝達され得る。

“【代用のアウトカム】インフルエンザウイルスの感染力は湿度によって異なりますか?(J Infect Dis. 2018)” の続きを読む