アレルギー性疾患に対する台風や豪雨の影響はどのくらいですか?(韓国の特別災害地域におけるデータベース研究; Osong Public Health Res Perspect. 2013.)

Impacts of heavy rain and typhoon on allergic disease.

Park KJ, et al.

Osong Public Health Res Perspect. 2013.

PMID: 24159545

【目的】

アレルギー疾患は気候変動により増加する可能性がある。

最近の報告では、アレルギー疾患の原因である花粉、オゾン、真菌などの空中アレルゲンが集中することにより、台風と豪雨によりアレルギー疾患が局所的に増加することが示されている。

本研究の目的は、台風と豪雨が韓国のアレルギー疾患を増加させるかどうかを判断することだった。

“アレルギー性疾患に対する台風や豪雨の影響はどのくらいですか?(韓国の特別災害地域におけるデータベース研究; Osong Public Health Res Perspect. 2013.)” の続きを読む