血圧の変化と片頭痛との関連性はどのくらいですか?(Pain Pract. 2010)

Blood pressure changes in migraine patients before, during and after migraine attacks.

Seçil Y, et al.
Pain Pract. 2010 May-Jun.
PMID: 20158621

【試験の目的】

片頭痛発作は、神経学的症状、胃腸症状、および自律神経症状に関連する頭痛を特徴とする。 片頭痛と高血圧または低血圧の関係は物議を醸している。

本研究では、血圧の変化が片頭痛発作に関連しているかどうかを判断することを目的とした。

【方法】

神経科の外来診療所から、前兆のあるなしにかかわらず62人の正常血圧性片頭痛患者がInternational Headache Society 2004の基準に従って研究のために選ばれた。

6つの結果として生じる片頭痛発作の間に記入されるべき一般的な質問と特定の質問を含む質問票が患者に与えられた。

患者は、発作中の血圧の変化を測定するために、全自動デジタル上腕血圧計(Omron M 4-1)を受けた。

試験実施期間中に、患者に血圧の変化を3回記録するように依頼した:

(1)片頭痛の直前またはごく初期、

(2)中(頭痛がピークになるとき)、

(3)発作の1時間後。

【結果】

・62人のうち23人(女性57人、男性5人)は前兆を伴う片頭痛を有し(女性22人、男性1人)、それらのうち39人はオーラ(予兆、前兆)を持っていなかった(女性35人、男性4人)。

・ピークレベルの間、および発作の終了後1時間の前または非常に早い時期に得られた収縮期と拡張期の値の間に統計的に有意な差はなかった(P> 0.05)。

・拡張期低血圧値は群間で統計的に差はなかったが、全患者を考慮した場合、拡張期低血圧値はかなりの数の患者で検出された(合計115の測定値)。

・正常血圧の片頭痛集団では、片頭痛発作の前または最早期、最中、後に拡張期低血圧が最も有意なアウトカムであることを観察した(5.1%)。

・統計的に有意ではありませんでしたが、血圧降下値の総数は驚くほど多かった。


【コメント】

アブストのみ。

血圧のうち、拡張期血圧が低地になる患者では、片頭痛の予測因子となる可能性が示唆されたが、それでも全体の5.1%程度であった。

なかなか解釈が難しいところですが、片頭痛と拡張期低血圧の関連はあるかもしれない。

続報を待ちたい。