甲状腺機能正常の橋本病患者における甲状腺摘出 vs. 経過観察(RCT; Ann Intern Med. 2019)

Thyroidectomy Versus Medical Management for Euthyroid Patients With Hashimoto Disease and Persisting Symptoms: A Randomized Trial.

Guldvog I, et al.
Ann Intern Med. 2019.

Primary Funding Source: Telemark Hospital.

PMID30856652

ClinicalTrials.gov:NCT02319538

【背景】

橋本病は慢性の自己免疫性甲状腺炎である。ホルモンの適切な代用にもかかわらず、持続的な症状を呈す患者もいる。これは免疫学的病態生理の結果である可能性が考えられる。

【目的】

内科的治療を受け、甲状腺機能が正常であるにもかかわらず、症状が持続している橋本甲状腺炎患者において甲状腺摘出術が症状を改善するかどうかを決定すること。

【デザイン】

ランダム化試験

“甲状腺機能正常の橋本病患者における甲状腺摘出 vs. 経過観察(RCT; Ann Intern Med. 2019)” の続きを読む