小脳卒中または一過性脳虚血発作におけるDAPT使用は90日よりも21日間が良いかもしれない(CHANCEおよびPOINT trialのプール解析; JAMA Neurol. 2019)

Outcomes Associated With Clopidogrel-Aspirin Use in Minor Stroke or Transient Ischemic Attack: A Pooled Analysis of Clopidogrel in High-Risk Patients With Acute Non-DisablingCerebrovascular Events (CHANCE) and Platelet-Oriented Inhibition in New TIA and MinorIschemic Stroke (POINT) Trials.

Pan Y et al.

JAMA Neurol. 2019 Aug 19.

doi: 10.1001/jamaneurol.2019.2531. [Epub ahead of print]

PMID: 31424481

【試験の重要性】

クロピドグレルとアスピリンによる二重抗血小板療法(DAPT)は、軽度の虚血性脳卒中または一過性虚血発作(TIA)後の二次予防に有効である。軽度の脳卒中またはTIAに対するDAPTの最適期間については不確実性が残っていた。

【試験の目的】

軽度の虚血性脳卒中またはTIA後のDAPTの有効性とリスクの正確な推定値を得る。

“小脳卒中または一過性脳虚血発作におけるDAPT使用は90日よりも21日間が良いかもしれない(CHANCEおよびPOINT trialのプール解析; JAMA Neurol. 2019)” の続きを読む

PCI後のDAPT継続は1ヶ月と12ヶ月どちらが良さそうですか?(RCT; STOPDAPT-2; JAMA 2019)

Effect of 1-Month Dual Antiplatelet Therapy Followed by Clopidogrel vs 12-Month DualAntiplatelet Therapy on Cardiovascular and Bleeding Events in Patients Receiving PCI: The STOPDAPT-2 Randomized Clinical Trial.

Watanabe H et al.

JAMA. 2019 Jun 25;321(24):2414-2427.

doi: 10.1001/jama.2019.8145.

PMID: is

【試験の重要性】

薬物溶出ステントを用いた経皮的冠動脈インターベンション(percutaneous coronary intervention, PCI)後の非常に短い必須の二重抗血小板療法(dual antiplatelet therapy, DAPT)は魅力的な選択肢であり得る。