診療ガイドラインにおけるエビデンス vs. コンセンサス(JAMA 2019)

Evidence vs Consensus in Clinical Practice Guidelines

JAMA. Published online July 19, 2019. doi:10.1001/jama.2019.9751

PMID: 未

臨床診療ガイドラインは過去40年間で臨床医学においてますます顕著になってきており、潜在的に臨床意思決定を改善し、ひいては患者アウトカムを潜在的に改善するための最も重要なツールの1つを表している。

歴史的に、多くの組織は彼らのガイドラインをエビデンスに基づいたものまたはコンセンサスに基づいたものとして分類し、そしていくつかの組織は心臓病の管理のための臨床診療ガイドラインの開発に専念している(American College of CardiologyおよびAmerican Heart Association)。

“診療ガイドラインにおけるエビデンス vs. コンセンサス(JAMA 2019)” の続きを読む