直腸結腸がん患者におけるエルプラット®️使用は3ヶ月と6ヶ月どちらが良さそうですか?(非劣性 RCT; SCOT trial; Lancet Oncol. 2018)

3 versus 6 months of adjuvant oxaliplatin-fluoropyrimidine combination therapy for colorectal cancer (SCOT): an international, randomised, phase 3, non-inferiority trial.

Iveson TJ, et al.
Lancet Oncol. 2018.
PMID: 29611518

FUNDING: Medical Research Council, Swedish Cancer Society, NETSCC, and Cancer Research UK.

【背景】

ステージ3の結腸直腸癌(大腸がん)に対する補助療法として、6ヵ月のオキサリプラチン含有化学療法が通常行われる。

本試験では、3ヵ月のオキサリプラチン含有化学療法が通常の6ヵ月の治療よりも劣っていないかどうかを調べた。

“直腸結腸がん患者におけるエルプラット®️使用は3ヶ月と6ヶ月どちらが良さそうですか?(非劣性 RCT; SCOT trial; Lancet Oncol. 2018)” の続きを読む

進行性結腸直腸癌におけるFOLFIRIとFOLFOX6はどちらを先にした方が良いですか?(RCT; GERCOR; J Clin Oncol. 2004)

FOLFIRI followed by FOLFOX6 or the reverse sequence in advanced colorectal cancer: a randomized GERCOR study.

Randomized controlled trial

Tournigand C, et al.
J Clin Oncol. 2004.

PMID: 14657227

【目的】

進行性の結腸直腸癌では、第III相試験で、FU + LV単独よりも、フルオロウラシル(FU)とロイコボリン(LV)を、イリノテカンまたはオキサリプラチンと併用することの優位性が実証されている。

本第III相試験では、フォリン酸(葉酸)+FU+イリノテカン(FOLFIRI)の後にフォリン酸+FU+オキサリプラチン(FOLFOX6、A群)、およびFOLFOX6の後にFOLFIRI(B群)という2つのシーケンスが調査された。

“進行性結腸直腸癌におけるFOLFIRIとFOLFOX6はどちらを先にした方が良いですか?(RCT; GERCOR; J Clin Oncol. 2004)” の続きを読む