慢性リンパ性白血病に対する化学免疫療法とリツキサン®️+イムブルビカ®️はどちらが優れていますか?(RCTの中間解析; NEJM 2019)

Ibrutinib-Rituximab or Chemoimmunotherapy for Chronic Lymphocytic Leukemia.

N Engl J Med. 2019 Aug 1;381(5):432-443.

doi: 10.1056/NEJMoa1817073.

PMID: 31365801

【試験背景】

未治療の慢性リンパ性白血病(CLL)の患者における、フルダラビン(フルダラ®️)、シクロホスファミド(エンドキサン®️)、およびリツキシマブ(リツキサン®️)による標準的な化学免疫療法と比較した場合の、イブルチニブ-リツキシマブによる治療の有効性に関するデータは限られている。

“慢性リンパ性白血病に対する化学免疫療法とリツキサン®️+イムブルビカ®️はどちらが優れていますか?(RCTの中間解析; NEJM 2019)” の続きを読む