労働年齢の変形性膝関節症患者に対する高分子量ヒアルロン酸の有効性はどのくらいですか?(オープンラベルRCT; BMC Musculoskelet Disord. 2019)

The effectiveness of high molecular weight hyaluronic acid for knee osteoarthritis in patients in the working age: a randomised controlled trial.

Hermans J et al.

BMC Musculoskelet Disord. 2019 May 7;20(1):196.

doi: 10.1186/s12891-019-2546-8.

TRIAL REGISTRATION: www.trialregister.nl , NTR1651, registered 2009-3-3.

PMID: 31064359

【試験背景】

高分子量(HMW)ヒアルロン酸(HA)は変形性膝関節症(Knee Osteoarthritis, Knee OA)の治療法の選択肢である。Knee OAにおけるHMW-HAの有効性は広く研究されているが、就労年齢患者における有効性は不明である。

それにもかかわらず、労働年齢におけるKnee OA患者の数は増加している。外科的治療の選択肢はこれらの患者にはあまり適格ではなく、生産性の損失は大きい。

本研究では、労働年齢の症候性膝関節症患者の52週間にわたる通常ケアと比較して、日常の臨床診療における通常の非外科的通常ケア(Usual Care, UC)に追加される関節内HMW-HAの有効性を調べた。

“労働年齢の変形性膝関節症患者に対する高分子量ヒアルロン酸の有効性はどのくらいですか?(オープンラベルRCT; BMC Musculoskelet Disord. 2019)” の続きを読む