【薬剤師?にオススメしたい本】猫,2018年を振り返る

2018年は変革の年だった

背景

なんか良く分からないけど参加することになった「薬剤師にオススメの本3選」!!いわゆる読めよ薬剤師企画.

オススメ本が他の人と被ったら罰ゲームらしい,ひどい(泣)

兎にも角にもオススメの本を紹介していきます.

1. 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超・科学的な理由

以下のサイトにレビューを書きましたので,詳しくはこちらをご参照ください.

【読書メモ】昭和的思考から古来日本へ回帰し百姓的フットワークを身につける

とにかく熱い!著者からのメッセージ性が強い作品です.暑苦しいことが苦手な方にも一度目を通して欲しい作品です.何で今更筋トレなの?薬剤師関係なくない?と思われた方々,少々お待ちください.

オススメの理由は3

  1. 自己肯定感を得られる
  2. タフな行動変容が起きる
  3. 他者からの評価が気にならなくなる

個人的な見解ですが,私の周囲の薬剤師は自己肯定感が低く,他者への承認欲求が強い,そして新しいことに対し避けようとする(腰が引けている or 否定から入る)人が多いと感じています.

端的に言いますと 自分の人生を生きていない ということです.

本書によって自己肯定感を高め,様々なことに挑戦することで,本来の自分の人生を歩んで欲しいなという願いから本書をオススメします.その第一歩が筋トレというワケです.

決して上から目線というワケではなく本気で思っています.

承認欲求なんかいりません.と言いつつ私は承認欲求が強い方だと思っていますw

2.アンサングシンデレラ

本書は病院薬剤を主人公にし日常の出来事を綴った作品です.

「正直,薬剤師って何してるの?棚から薬取っているだけでしょ?」って思われている一般の方メディカルスタッフが多いと思います.

そういった方々に対しては,

薬剤師の仕事の一端を知ってもらえる

作品だと思います.

じゃあ薬剤師にとっては,どんな作品なの?ということですが,病院薬剤師を目指したくなる 作品です!薬剤師のことが好きになれます!!薬剤師の本分ってこうだよね?って再認識できます!!!

それぐらいオススメ!

私,3回は泣きましたね.はい.

「何で薬剤師やっているのだろう?」と悩まれている方は是非読んでみてください.本当にオススメ.

3.医学文献ユーザーズガイド根拠に基づく診療のマニュアル 3

相原内科小児科医院の相原 守夫 先生が「Users’ Guides to the Medical Literature: A Manual for Evidence-Based Clinical Practice」の第3版を翻訳した作品です.

原著はGuyatt Gが手がけたもの医学論文情報や臨床経験をどのように現場で俯瞰的に活用していくか,について日本語で知ることができます.

まだまだ本分野(Evidence-Based Medicineをはじめとする行動様式)は日本で広まっておらず,だからこそ薬剤師として目指した方が良いブルーオーシャンだと感じています.

何となく現場仕事が物足りない,モヤモヤした想いを言語化したい,何か新しいことに打ち込みたい,何とか論文情報を活用したい,今の仕事に満足できない etc. 様々な想いを抱えている方にオススメしたい作品です.

一歩踏み出してみませんか?


コメント

今回は,にいやん先生と被らないように意識したオススメ本3選ですw

個人的には にいやん先生に期待!

【雑記】公平と公正と、ときどき平等

言葉って難しい

日々感じているのですが,言葉って本当に難しい.

言葉にできない感情や自身の知識不足により言語化できていないことを解消しようとするだけでも四苦八苦するのだが,さらに始末が悪いことに「言葉を発した側の意図」とは真逆の意味で相手に受け取られる場合も多々ある.

さて,公平,平等,公正,これらの言葉をどのように使い分けていますか?正直わたしはできていません.

気になったため調べてみました.

“【雑記】公平と公正と、ときどき平等” の続きを読む

【雑記】ルミガン®️点眼液0.03%のジェネリック医薬品は「ニットー」が良いかもしれない

ルミガン®️点眼液0.03%の後発医薬品は2018年12月14日に発売です

背景

緑内障・高眼圧症治療剤のルミガン®️の後発医薬品が発売する予定です。

いくつかのメーカーから発売される予定ですが、なかでも日東メディック株式会社さんの “ビマプロスト点眼液0.03%「ニットー」” が良さそうだったので理由とともにご紹介したいと思います。

製品の特徴

1.生物学的同等性試験が免除されている

本製品の最大の特徴は「生物学的同等性試験が免除」されている点です。

以下、本製品の添付文書より一部抜粋;

生物学的同等性試験

ビマトプロスト点眼液0.03%「ニットー」は、標準製剤の分析結果に基づき添加剤の種類及び含量(濃度)が標準製剤と同一となるよう処方設計を行ったものであり、pH、粘度、浸透圧などの物理化学的性質が近似することから、生物学的に同等とみなされた。

つまり製造ラインは異なりますが、先発品のルミガン®️と成分・添加剤が同一なのです。個人的にはオーソライズド・ジェネリック(Authorized Generic: AG)と言っても差支えないと思います(メーカーさんはAGとは言ってないです。おそらく原薬の仕入先等が異なります)。

実際に試してみないとわかりませんが、使用感についてもさほど変わらないのではないかと推測されます。

2.配色が似ている

ジェネリック医薬品の使用に抵抗を示す患者さんによると、薬の名前が変わったり、薬剤の外観が変わることに不安を覚えるようです。

ビマプロスト点眼液0.03%「ニットー」は、先発品のルミガンと配色が酷似しています。

ただ容器については、先発品と比べると、やや丸みがあり、柔らかい気がしました。

ルミガン®️と同じ要領で使用すると薬液が出過ぎる恐れがあるのではないかと感じました。

3.容器を落としたときに転がりにくい

本製品の容器は丸みを帯びていますが、先発品と同じく側面は平らなため、誤って手元から滑り落ちても転がりにくい構造になっています。

コメント

興奮して一気に書きなぐってしまいましたが、製品については、多面的観点から非常に配慮されているなと感じました。

プロスタグランジン系の点眼薬は高額なものが多く、1本あたり数千円するものもあります。

治療を続けたいけどお金がないから1日おきで点眼したり、自己判断で治療を中断する人が、ジェネリック医薬品の登場で救われると良いなと思っています。

Conflict of Interest

日東メディック株式会社との間に開示すべき個人的・企業的COIはありません。

【読書レビュー】新世界 著:西野亮廣

新世界とはオンラインサロンなのか?

本書の特徴

本書の一番の特徴は『問いかけるような語り』だと思います.著者の今までの作品には無かったように思います.

この語りの所為なのか,場面ごとの情景が想像しやすかったです.特に まえがきと1章については,読んでいて少し目頭と胸が熱くなりました.西野さんの背景の一部を知ることが出来ると思います.

本書に記載されていますが,こういった情景,想いを受け取れるような演出は,女性の意見を取り入れた結果なのかもしれません.とにかく夢中で読んでしまいました.

“【読書レビュー】新世界 著:西野亮廣” の続きを読む

【立てよ薬剤師プロジェクト】猫がブログを書く理由 〜インプットとアウトプットのハイブリッド〜

なぜブログを書いているのか?

理由なんていらない?

今更ながら,なぜブログを書いているのかについて自身の考えをまとめておこうと思います.

“【立てよ薬剤師プロジェクト】猫がブログを書く理由 〜インプットとアウトプットのハイブリッド〜” の続きを読む

【読書メモ】昭和的思考から古来日本へ回帰し百姓的フットワークを身につける

完全に個人的な読書メモです。

8月〜9月にかけ読書にはまっていました(今もかな?)

そこで感じたこと、得られたことを自分なりに言語化してみようと思います。

言語化させられたと言った方が正確かもしれません。

“【読書メモ】昭和的思考から古来日本へ回帰し百姓的フットワークを身につける” の続きを読む

【寄稿のお知らせ】AHEADMAP会報誌・臨床批判Vol.2 No.3(2018年7月)

AHEADMAP会報誌・臨床批判Vol.2 No.3

AHEADMAP会報誌に寄稿しました。

日本で実施されたJ-DOIT3試験を例に、PROBE法とソフトエンドポイントの組み合わせについてリスク-ベネフィットの考察をおこないました。

そして薬剤を使用するということ、薬剤師の可能性について私見を述べさせていただきました。

拙文ですが御一読いただけますと幸いです。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

以前の寄稿内容はこちら↓

https://noirvan13.xsrv.jp/2018/01/29/【寄稿のお知らせ】aheadma…誌・臨床批判vol-2-no-1/

 

以下の画像をクリックすると 、

AHEADMAPホームページ

に飛びます 。

【定期告知】臨床疑問の募集について

当ブログにお越しくださり誠にありがとうございます!

 

臨床疑問を共有しませんか?

ここ数年、薬剤師として働く中で日常業務への論文情報の活用を実践してまいりました。

しかし、私1人の視点では気が付けないこと、出会えない様々な疑問が世の中にはたくさんあることもまた痛感している次第です。

”まず疑問を持つ” 簡単なようで難しい本問題解決のために、是非とも皆様と臨床疑問(Clinical Question:CQ)を共有したいと考えています。

 

 薬理学や薬物動態等とあわせ論文情報を現場で生かしたい!

 そのために論文を読みたいけど読み方がわからない!!

 求めている論文の検索方法がわからない!!!

 

等々、もし悩んでいる方がいらっしゃいましたら是非お声掛け下さい♪

 

もちろん私にも分からないことはたくさんあります。ですので共に考えを共有したり、勉強したり、学んでいけたら良いなと考えています。どんな些細なことでも構いません。まずはお声がけください。

よろしくお願いいたします。

【雑記】ネコ初心にかえる

しょ‐しん【初心】

[名・形動]
 最初に思い立ったときの純真な気持ち。初志。「初心を貫く」「初心に返る」
 物事の習い始めであること。また、そのさま。初学。
「はがきに二句か三句認めあるは…―なる人の必ずする事なり」〈子規・墨汁一滴〉
 物事に慣れていないこと。世慣れていないこと。また、そのさま。うぶ。
「かれは自分の―なことを女に見破られまいとして」〈花袋田舎教師
 仏教で、めて悟りを求める心を発すること。また、その人。

以上、デジタル大辞泉より引用

私的背景

エピペン注射液の品薄が続いている。安定供給できるようになるのは 2018年4月以降らしい。

ある日、いつも薬局を利用してくれている子供のお母さまから電話があり「手持ちのエピペンの期限が2月できれてしまう。新しいものを貰おうとしたけど、病院の近くの薬局には在庫がないみたい。品薄が続いているようだけど、何とかならないでしょうか」との相談をうけた。

“【雑記】ネコ初心にかえる” の続きを読む