なぜ冠動脈虚血のカットオフ値はFFR <0.75なのか?(N Engl J Med. 1996)

Measurement of fractional flow reserve to assess the functional severity of coronary-artery stenoses.

Pijls NH et al.

N Engl J Med. 1996 Jun 27;334(26):1703-8.

PMID: 8637515

【指摘背景】

冠動脈虚血に対し経皮的冠動脈形成術(Percutaneous Coronary Intervention, PCI)の適応となる要因の一つにFFR <0.75という基準がある。

FFR(fractional flow reserve)とは、日本語でいう冠血流予備量比のことで、冠動脈狭窄病変の重症度を測る指標である。

算出方法は、冠動脈狭窄病変の近位部 (Pa) と遠位部 (Pd) の冠動脈内の圧を測定し、以下の式を用いる。
  FFR = Pd ÷ Pa

さて冒頭のFFR <0.75とは、通常の血管であった場合に得られる最大血流量の75%未満であることを意味している。なぜ75%をカットオフに設定しているのか?その根拠となった論文を紹介したい。

“なぜ冠動脈虚血のカットオフ値はFFR <0.75なのか?(N Engl J Med. 1996)” の続きを読む

インフルエンザ検査の是非③【陽性的中率・陰性的中率】

背景

ここまで検査キットの精度(accuracy)について解説してきました。

今回は、より現場で役立つ “陽性的中率・陰性的中率” について解説していきます。

的中(適中)率って何?

読んで字の如く、疾患の陽性・陰性が当たる確率です。

前回の記事でご紹介した “感度・特異度” は、そもそも疾患を有している人、疾患のない人が対象となっています。

インフルエンザ検査の是非②【感度・特異度】

しかし実際の現場では、例えばインフルエンザなのか、風邪症候群なのか、はたまた別の疾患なのかわからない状況です。そこで的中率の登場というわけです。次のような表を書いてみると、より理解しやすいと思いますので、こちらの表1を使って解説していきます。

“インフルエンザ検査の是非③【陽性的中率・陰性的中率】” の続きを読む