非代償性肝硬変患者におけるインデラル®️あるいはアーチスト®️の効果はどのくらいですか?(DB-RCT; PREDESCI trial; Lancet. 2019)

β blockers to prevent decompensation of cirrhosis in patients with clinically significant portal hypertension (PREDESCI): a randomised, double-blind, placebo-controlled, multicentre trial.

Randomized controlled trial

Villanueva C, et al. Lancet. 2019.

ClinicalTrials.gov, number NCT01059396

PMID: 30910320

FUNDING: Spanish Ministries of Health and Economy.

【背景】

肝硬変の臨床的代償不全は予後不良と関連している。肝静脈圧勾配(hepatic venous pressure gradient, HVPG)≥10mm Hgで定義される臨床的に重要な門脈圧亢進症(Clinically significant portal hypertension, CSPH)は、代償不全の最も強力な予測因子である。

本研究の目的は、βブロッカーでHVPGを低下させると、CSPHによる代償性肝硬変の代償不全または死亡リスクが低下するかどうかを評価することだった。

“非代償性肝硬変患者におけるインデラル®️あるいはアーチスト®️の効果はどのくらいですか?(DB-RCT; PREDESCI trial; Lancet. 2019)” の続きを読む