NSAIDs誘発胃潰瘍に対するムコスタ®️とサイトテック®️の効果はどのくらいですか?(RCT; STORM STUDY; J Clin Biochem Nutr. 2007)

Comparison of Prevention of NSAID-Induced Gastrointestinal Complications by Rebamipide and Misoprostol: A Randomized, Multicenter, Controlled Trial-STORM STUDY.

J Clin Biochem Nutr. 2007

Mar;40(2):148-55. doi: 10.3164/jcbn.40.148.

PMID: 18188417

【背景】

非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)には、消化不良、消化性潰瘍、出血、穿孔などの胃腸の副作用がある。ミソプロストールとプロトンポンプ阻害薬(PPI)は、NSAIDによる胃・十二指腸損傷を予防するために使用されてきた。ムコスタ®️(レバミピド)は胃粘液を増加させ、内因性プロスタグランジン産生を刺激するが、NSAID誘発性胃腸合併症に対するレバミピドの予防効果は不明である。

【研究の目的】

本研究の目的は、レバミピド治療群とサイトテック®️(ミソプロストール)治療群でのNSAID誘発性胃腸合併症を比較することである。

【研究の方法】

患者をランダムに2群に割り付け、従来のNSAIDとレバミピドまたはミソプロストールを12週間服用させた。スクリーニング時および試験終了時に、胃粘膜損傷を内視鏡検査によって評価した。

【結果】

・活動性胃潰瘍の有病率は、レバミピド群で7/176(3.9%)、ミソプロストール群で3/156(1.9%)だった。

ミソプロストールの NNT =50 (vs. レバミピド)

・消化性潰瘍の有病率は、レバミピド群で8/176(4.5%)、ミソプロストール群で7/156(4.4%)だった。

ミソプロストールの NNT =1,000 (vs. レバミピド)

・高リスクサブグループにおける消化性潰瘍の累積発生率は、レバミピド群で6/151(4.0%)、ミソプロストール群で6/154(3.9%)だった。

ミソプロストールの NNT =1,000 (vs. レバミピド)

【結論】

レバミピドは長期NSAID治療を受けている患者においてミソプロストールと同じくらい効果的にNSAID誘発消化性潰瘍を予防した。レバミピドは、その治療効果および安全性のために、NSAID誘発性胃腸潰瘍の予防のための有用な治療選択肢であり得る。


【コメント】

ミソプロストール(サイトテック®️)はプロスタグランジン誘導体であるため妊産婦に使いにくい。というか禁忌。1日4回(適宜増減の記載あり)というのもアドヒアランス低下しやすい。

また両薬剤共にNSAIDs頓服への効果は不明、あくまで長期服用している患者への効果がありそう、というところ。活動期の胃潰瘍には、妊婦でなければミソプロストールを使用した方が良さそうですね。ただ、症状が寛解してきたらレバミピドの方がコスパ良さそう。

ちなみにNSAIDs使用時のレバミピド併用は、急性あるいは慢性胃炎の傷病名が必要。