【メモ】血管炎に関する疾病の呼称の取り扱い変更(厚生労働省2018.4.26通知)

血管炎に関する疾病の呼称の取り扱い変更

 

背景

血管炎に関する疾病の呼称については、2012年に開催された血管炎に関する国際会議である ”Chapel Hill Consensus Conference 2012″ における変更等により、国内でも、新たな呼称が指定難病の病名、診療報酬請求に係る傷病名、医学に関する用語集、診療ガイドライン及び教科書における疾病名等として広く使用され、認知されている。

“【メモ】血管炎に関する疾病の呼称の取り扱い変更(厚生労働省2018.4.26通知)” の続きを読む