教育レベルと認知症との関連性はどのくらいですか?(Neurology 2019)

Education and cognitive reserve in old age.

Wilson RS, et al.
Neurology. 2019.

PMID: 30728309

試験の目的

認知症に対する教育の貢献(発症遅延効果)を評価すること。

方法

臨床病理学的コホート研究の高齢者を対象に縦断的に分析した。

年1回の認知テストを2,899名が受けた。

内訳として、脳血管マーカーおよび10の神経変性物質のうち、どちらかが認められたのは752例、両方ともに認められたのは405例だった。また認知症が進行し死亡した患者は696例だった。

“教育レベルと認知症との関連性はどのくらいですか?(Neurology 2019)” の続きを読む