持続性知覚性姿勢誘発めまい(PPPD)に迷走神経刺激は有効ですか?(J Neurol. 2018.)

Non-invasive vagus nerve stimulation significantly improves quality of life in patients with persistent postural-perceptual dizziness.

Randomized controlled trial

Eren OE, et al.
J Neurol. 2018.

PMID: 29785522

試験背景

持続性知覚性体位誘発めまい(PPPD)は、慢性前庭障害の最も一般的な原因の1つであり、罹患患者の大部分が標準治療(すなわち、薬物療法、行動心理療法)に対して有意な改善を示さない。

PPPD患者は、不安障害および鬱病との有意な併存症を有することが示されています。

さらに、これらの患者は自律神経系の活性化を示し、悪心、心拍数の上昇、および発汗などの症状をもたらす。

試験の目的

共存症と自律神経系の活性化に基づいて、非侵襲的迷走神経刺激(nVNS)がこれらの患者の治療法の選択肢になるかどうかという疑問に取り組みました。

“持続性知覚性姿勢誘発めまい(PPPD)に迷走神経刺激は有効ですか?(J Neurol. 2018.)” の続きを読む