ゼチーア®️には75歳以上の高齢患者における心血管イベント一次予防効果がありますか?(PROBE; EWTOPIA 75; Circulation 2019)

Ezetimibe Lipid-Lowering Trial on Prevention of Atherosclerotic Cardiovascular Disease in 75 or Older (EWTOPIA 75): A Randomized Controlled Trial

Ouchi Y et al.

Originally publishedhttps://doi.org/10.1161/CIRCULATIONAHA.118.039415Circulation. ;0:null

Clinical Trial Registration: URL: https://www.umin.ac.jp Unique identifier: UMIN000001988.

PMID: 未

【背景】

75歳以上の高齢者におけるLDL-C低下療法による冠動脈疾患(CAD)イベントの一次予防に関するエビデンスは不十分である。

本試験では、エゼチミブによるLDL-C低下療法が高齢患者の心血管イベントの一次予防に役立つかどうかを検討した。

“ゼチーア®️には75歳以上の高齢患者における心血管イベント一次予防効果がありますか?(PROBE; EWTOPIA 75; Circulation 2019)” の続きを読む

75歳以上の高齢者でもコレステロールは下げた方が良いですか?(RCTの2次解析; IMPROVE-IT trial; JAMA Cardiol. 2019)

Effect of Simvastatin-Ezetimibe Compared With Simvastatin Monotherapy After Acute Coronary Syndrome Among Patients 75 Years or Older A Secondary Analysis of a Randomized Clinical Trial

Bach RG et al.

JAMA Cardiol.

Published online July 17, 2019.

doi:10.1001/jamacardio.2019.2306

Trial Registration  ClinicalTrials.gov identifier: NCT00202878

PMID: 31314050

【臨床疑問】

急性冠症候群既往の高齢患者における脂質レベルを低下させる治療として、エゼチミブとシンバスタチンの併用は、シンバスタチン単独と比較して利点があるのか?

“75歳以上の高齢者でもコレステロールは下げた方が良いですか?(RCTの2次解析; IMPROVE-IT trial; JAMA Cardiol. 2019)” の続きを読む

心不全 HFrEF 患者における新薬エントレスト®️の効果はどのくらいですか?(RCT; PARADIGM-HF; NEJM 2014)

Angiotensin-neprilysin inhibition versus enalapril in heart failure.

Randomized controlled trial

McMurray JJ, et al.
N Engl J Med. 2014.
PMID: 25176015

Funded by Novartis

ClinicalTrials.gov number, NCT01035255.

【背景】

駆出率が低下した心不全患者におけるアンジオテンシン受容体ネプリライシン阻害剤LCZ696(サクビトリルバル・バルサルタン配合剤)とエナラプリル(レニベース®️)を比較した。

以前の研究では、エナラプリルはそのような患者の生存率を改善した。

“心不全 HFrEF 患者における新薬エントレスト®️の効果はどのくらいですか?(RCT; PARADIGM-HF; NEJM 2014)” の続きを読む

心不全患者にメトグルコ®️を使っても問題ありませんか?(観察研究のSR; Circ Heart Fail. 2013.)

Comparative safety and effectiveness of metformin in patients with diabetes mellitus and heart failure: systematic review of observational studies involving 34,000 patients.

Review article

Eurich DT, et al.
Circ Heart Fail. 2013.
PMID: 23508758

【背景】

心不全(Heart Failure, HF)におけるメトホルミンの安全性と有効性に関しては、継続的な論争がある。

したがって本研究では、糖尿病およびHF患者におけるメトホルミンの試験および非試験的エビデンスの体系的レビューを実施した。

“心不全患者にメトグルコ®️を使っても問題ありませんか?(観察研究のSR; Circ Heart Fail. 2013.)” の続きを読む

心不全治療における服薬アドヒアランスは予後に影響しますか?(後向きコホート研究; Pharmacotherapy. 2018)

Association Between Medication Adherence and the Outcomes of Heart Failure.

Hood SR, et al.
Pharmacotherapy. 2018.
PMID: 29600819

【背景】

心不全患者の以前の研究では、心血管系薬剤服薬遵守と入院または入院と死亡の複合的な終点との関連性が示された。

救急部の訪問、入院、および死亡の健康上の転帰を区別し、一般的な大規模医療集団における治療順守の影響を評価した研究はほとんどない。

【目的】

インディアナ州の成人心不全患者における救急部訪問、入院、および死亡に対する心血管薬の服薬遵守向上との関連性を決定すること。

“心不全治療における服薬アドヒアランスは予後に影響しますか?(後向きコホート研究; Pharmacotherapy. 2018)” の続きを読む

PCI後のDAPT継続は1ヶ月と12ヶ月どちらが良さそうですか?(RCT; STOPDAPT-2; JAMA 2019)

Effect of 1-Month Dual Antiplatelet Therapy Followed by Clopidogrel vs 12-Month DualAntiplatelet Therapy on Cardiovascular and Bleeding Events in Patients Receiving PCI: The STOPDAPT-2 Randomized Clinical Trial.

Watanabe H et al.

JAMA. 2019 Jun 25;321(24):2414-2427.

doi: 10.1001/jama.2019.8145.

PMID: is

【試験の重要性】

薬物溶出ステントを用いた経皮的冠動脈インターベンション(percutaneous coronary intervention, PCI)後の非常に短い必須の二重抗血小板療法(dual antiplatelet therapy, DAPT)は魅力的な選択肢であり得る。

スコットランド2型糖尿病における死亡原因は心血管疾患ではなく癌?(スコットランド人口ベースのコホート研究; J Diabetes Investig 2019)

Cancer has overtaken cardiovascular disease as the commonest cause of death in Scottish type 2 diabetes: a population based study (The Ayrshire Diabetes fOllow-up Cohort study).

Collier A, et al.
J Diabetes Investig. 2019.
PMID: 31267699

【背景】

糖尿病に関連した死亡リスクの増加は十分に確立されている。

本研究の目的は、2009年から2014年の間にスコットランドのエアーシャーとアランで2型糖尿病を患っている人々の死因を特定し、全国死亡率と比較することだった。

“スコットランド2型糖尿病における死亡原因は心血管疾患ではなく癌?(スコットランド人口ベースのコホート研究; J Diabetes Investig 2019)” の続きを読む

バイアスピリン®️使用による心血管イベントの一次予防効果はどのくらいですか?(RCTのメタ解析; JACC 2019)

Aspirin for Primary Prevention of Cardiovascular Events.

Abdelaziz HK et al.

J Am Coll Cardiol. 2019 Jun 18;73(23):2915-2929.

doi: 10.1016/j.jacc.2019.03.501.

PMID: 31196447

【試験背景】

心血管疾患(Cardiovascular disease, CVD)の一次予防に対するアスピリンの有効性と安全性は議論の余地がある。

【試験の目的】

本研究の目的は、45,000人を超える個人を追加した最近の大規模試験の発表後に、CVDの一次予防に対するアスピリンの臨床転帰を検討することだった。

“バイアスピリン®️使用による心血管イベントの一次予防効果はどのくらいですか?(RCTのメタ解析; JACC 2019)” の続きを読む

2型糖尿病患者における心血管イベントはトラゼンタ®️とアマリール®️どちらの方が少ないですか?(PSマッチング コホート研究; CAROLINA事前検証; RWD解析; Diabetes Care 2019)

Using Real-World Data to Predict Findings of an Ongoing Phase IV Cardiovascular Outcome Trial – Cardiovascular Safety of Linagliptin vs. Glimepiride

Patorno E et al.

PMID

【目的】

米国の3つのクレームデータセットから得られた実世界データ(Real World Data: RWD)を用いて、心血管リスクが高い2型糖尿病(T2D)患者におけるリナグリプチンとグリメピリドを比較したCAROLINA試験の結果を予測することを目的とする。

主要アウトカムを分析する前に、事前に指定された妥当性検証を実施した。

“2型糖尿病患者における心血管イベントはトラゼンタ®️とアマリール®️どちらの方が少ないですか?(PSマッチング コホート研究; CAROLINA事前検証; RWD解析; Diabetes Care 2019)” の続きを読む

痛風患者におけるザイロリック®️とフェブリク®️の心血管リスクの比較(韓国 人口ベースのコホート研究; Rheumatology (Oxford). 2019)

Comparative cardiovascular risk of allopurinol versus febuxostat in patients with gout: a nation-wide cohort study.

Kang EH et al.

Rheumatology (Oxford). 2019 May 16. pii: kez189.

doi: 10.1093/rheumatology/kez189. [Epub ahead of print]

PMID: 31098635

【試験の目的】

アロプリノール vs. フェブキソスタットを開始している痛風患者の心血管(CV)リスクを比較すること。

【方法】

2002年から2015年までの韓国国民健康保険サービス(Korean National Health Insurance Service)の全データを使用して、アロプリノールまたはフェブキソスタットを開始した痛風患者に関するコホート研究を実施した。

主要評価項目は、心筋梗塞、脳卒中/一過性虚血性発作、または冠状動脈血行再建術の複合CVエンドポイントだった。二次アウトカムは、一次アウトカムの個々の要素と総死亡だった。

交絡を制御するためにアロプリノールとフェブキソスタットイニシエーターに対して4:1の比率の傾向スコアマッチングを使用した。死亡の原因となる致命的ではない結果について、競合するリスク分析が行われた。

“痛風患者におけるザイロリック®️とフェブリク®️の心血管リスクの比較(韓国 人口ベースのコホート研究; Rheumatology (Oxford). 2019)” の続きを読む