PCI後のDAPT継続は1ヶ月と12ヶ月どちらが良さそうですか?(RCT; STOPDAPT-2; JAMA 2019)

Effect of 1-Month Dual Antiplatelet Therapy Followed by Clopidogrel vs 12-Month DualAntiplatelet Therapy on Cardiovascular and Bleeding Events in Patients Receiving PCI: The STOPDAPT-2 Randomized Clinical Trial.

Watanabe H et al.

JAMA. 2019 Jun 25;321(24):2414-2427.

doi: 10.1001/jama.2019.8145.

PMID: is

【試験の重要性】

薬物溶出ステントを用いた経皮的冠動脈インターベンション(percutaneous coronary intervention, PCI)後の非常に短い必須の二重抗血小板療法(dual antiplatelet therapy, DAPT)は魅力的な選択肢であり得る。

スコットランド2型糖尿病における死亡原因は心血管疾患ではなく癌?(スコットランド人口ベースのコホート研究; J Diabetes Investig 2019)

Cancer has overtaken cardiovascular disease as the commonest cause of death in Scottish type 2 diabetes: a population based study (The Ayrshire Diabetes fOllow-up Cohort study).

Collier A, et al.
J Diabetes Investig. 2019.
PMID: 31267699

【背景】

糖尿病に関連した死亡リスクの増加は十分に確立されている。

本研究の目的は、2009年から2014年の間にスコットランドのエアーシャーとアランで2型糖尿病を患っている人々の死因を特定し、全国死亡率と比較することだった。

“スコットランド2型糖尿病における死亡原因は心血管疾患ではなく癌?(スコットランド人口ベースのコホート研究; J Diabetes Investig 2019)” の続きを読む

バイアスピリン®️使用による心血管イベントの一次予防効果はどのくらいですか?(RCTのメタ解析; JACC 2019)

Aspirin for Primary Prevention of Cardiovascular Events.

Abdelaziz HK et al.

J Am Coll Cardiol. 2019 Jun 18;73(23):2915-2929.

doi: 10.1016/j.jacc.2019.03.501.

PMID: 31196447

【試験背景】

心血管疾患(Cardiovascular disease, CVD)の一次予防に対するアスピリンの有効性と安全性は議論の余地がある。

【試験の目的】

本研究の目的は、45,000人を超える個人を追加した最近の大規模試験の発表後に、CVDの一次予防に対するアスピリンの臨床転帰を検討することだった。

“バイアスピリン®️使用による心血管イベントの一次予防効果はどのくらいですか?(RCTのメタ解析; JACC 2019)” の続きを読む

2型糖尿病患者における心血管イベントはトラゼンタ®️とアマリール®️どちらの方が少ないですか?(PSマッチング コホート研究; CAROLINA事前検証; RWD解析; Diabetes Care 2019)

Using Real-World Data to Predict Findings of an Ongoing Phase IV Cardiovascular Outcome Trial – Cardiovascular Safety of Linagliptin vs. Glimepiride

Patorno E et al.

PMID

【目的】

米国の3つのクレームデータセットから得られた実世界データ(Real World Data: RWD)を用いて、心血管リスクが高い2型糖尿病(T2D)患者におけるリナグリプチンとグリメピリドを比較したCAROLINA試験の結果を予測することを目的とする。

主要アウトカムを分析する前に、事前に指定された妥当性検証を実施した。

“2型糖尿病患者における心血管イベントはトラゼンタ®️とアマリール®️どちらの方が少ないですか?(PSマッチング コホート研究; CAROLINA事前検証; RWD解析; Diabetes Care 2019)” の続きを読む

痛風患者におけるザイロリック®️とフェブリク®️の心血管リスクの比較(韓国 人口ベースのコホート研究; Rheumatology (Oxford). 2019)

Comparative cardiovascular risk of allopurinol versus febuxostat in patients with gout: a nation-wide cohort study.

Kang EH et al.

Rheumatology (Oxford). 2019 May 16. pii: kez189.

doi: 10.1093/rheumatology/kez189. [Epub ahead of print]

PMID: 31098635

【試験の目的】

アロプリノール vs. フェブキソスタットを開始している痛風患者の心血管(CV)リスクを比較すること。

【方法】

2002年から2015年までの韓国国民健康保険サービス(Korean National Health Insurance Service)の全データを使用して、アロプリノールまたはフェブキソスタットを開始した痛風患者に関するコホート研究を実施した。

主要評価項目は、心筋梗塞、脳卒中/一過性虚血性発作、または冠状動脈血行再建術の複合CVエンドポイントだった。二次アウトカムは、一次アウトカムの個々の要素と総死亡だった。

交絡を制御するためにアロプリノールとフェブキソスタットイニシエーターに対して4:1の比率の傾向スコアマッチングを使用した。死亡の原因となる致命的ではない結果について、競合するリスク分析が行われた。

“痛風患者におけるザイロリック®️とフェブリク®️の心血管リスクの比較(韓国 人口ベースのコホート研究; Rheumatology (Oxford). 2019)” の続きを読む

メトホルミン治療中の2型糖尿病患者におけるHbA1cレベルとスルホニル尿素、ジペプチジルペプチダーゼ-4阻害剤およびチアゾリジンジオン使用との関連(後向きコホート研究3つの統合; JAMA Netw Open. 2018)

Association of Hemoglobin A1c Levels With Use of Sulfonylureas, Dipeptidyl  Peptidase-4 Inhibitors, and  Thiazolidinediones in Patients With Type 2 Diabetes Treated With Metformin: Analysis From the Observational Health Data Sciences and Informatics Initiative.

Vashisht R et al.

JAMA Netw Open. 2018 Aug 3;1(4):e181755.

doi: 10.1001/jamanetworkopen.2018.1755.

PMID: 30646124

【試験の重要性】

2型糖尿病(T2D)のための効率的な二次治療選択肢に関する合意は曖昧なままである。 Observational Health Data Sciences and Informaticsネットワークを介してアクセスされる電子医療記録と保険請求データの利用可能性は、日常の医療行為を捉え、二次治療の有効性の証拠を生み出す機会を提供する。

【目的】

スルホニル尿素、ジペプチジルペプチダーゼ4(DPP-4)阻害剤、およびチアゾリジンジオンの中で、第一選択薬であるメトホルミン治療を受けたT2D患者において、どの薬物クラスがヘモグロビンA1c(HbA1c)レベルの低下と心筋梗塞、腎障害、および眼障害のリスク低下と関連しているか検討する。

“メトホルミン治療中の2型糖尿病患者におけるHbA1cレベルとスルホニル尿素、ジペプチジルペプチダーゼ-4阻害剤およびチアゾリジンジオン使用との関連(後向きコホート研究3つの統合; JAMA Netw Open. 2018)” の続きを読む

2型糖尿病患者における経口セマグルチドの効果はどのくらいですか?(BD-RCT; PIONEER-6; NEJM2019)

Oral Semaglutide and Cardiovascular Outcomes in Patients with Type 2 Diabetes.

Husain M, et al.

N Engl J Med. 2019.

Funded by Novo Nordisk; PIONEER 6 ClinicalTrials.gov number, NCT02692716

PMID: 31185157

【背景】

2型糖尿病に対する新しい治療法の心血管の安全性を確立することは重要である。 安全性データは、グルカゴン様ペプチド-1受容体アゴニスト(GLP-1a)セマグルチドの皮下投与について入手可能であるが、経口セマグルチドについて必要とされている。

【方法】

心血管リスクの高い患者(確立された心血管疾患または慢性腎臓病を有する50歳以上、またはハイリスク因子をもつ60歳以上年齢の患者)を対象としたイベント駆動型ランダム二重盲検プラセボ対照試験。1日1回経口セマグルチドによる心血管アウトカムを評価した。

イベント解析までの期間における主要評価項目は、主要かつ有害な心血管イベント(心血管系の原因による死亡、非致死的な心筋梗塞、または非致死的な脳卒中)の最初の発生だった。

試験は、プラセボと比較して80%の過剰心血管リスクを除外するように設計された(一次転帰のハザード比の95%信頼区間の上限について非劣性マージン1.8)。

【結果】

・合計3,183人の患者は、ランダムに経口セマグルチドまたはプラセボに割り当てられた。 患者の平均年齢は66歳だった。2,695人の患者(84.7%)が50歳以上で、心血管疾患または慢性腎臓病を患っていた。

・試験の期間の中央値は15.9ヶ月だった。

・重大な心血管系有害事象は、経口セマグルチド群では1,591人中61人(3.8%)、プラセボ群では1,592人中76人(4.8%)で発生した。

— ハザード比[HR] =0.79, 95%信頼区間[CI]、0.57〜1.11、非劣性 P <0.001

⚫︎主要アウトカム構成要素の結果は以下の通り;

・心血管系の原因による死亡

経口セマグルチド群:1,591人中15人(0.9%)

プラセボ群:1,592人中30人(1.9%)

— HR =0.49, 95%CI 0.27〜0.92

・非致死的な心筋梗塞

経口セマグルチド:1,591人中37人(2.3%)

プラセボ群:1,592人中31人(1.9%)

— HR =1.18, 95%CI 0.73〜1.90

・非致死的な脳卒中

経口セマグルチド群:1,591人のうち12人(0.8%)

プラセボ群:1,592人のうち16人(1.0%)

— HR =0.74, 95%CI 0.35〜1.57

・全死亡

経口セマグルチド群:1,591人中23人(1.4%)

プラセボ群:1,592人中45人(2.8%)

— HR =0.51, 95%CI 0.31〜0.84

・経口セマグルチドまたはプラセボの中止につながる胃腸の有害事象は経口セマグルチドでより一般的だった。

【結論】

2型糖尿病患者を対象とした本試験では、経口セマグルチドの心血管リスクプロファイルはプラセボと比べて劣っていなかった。


【コメント】

アブストのみ。

3-point MACEに有意差はあるが,内訳としては全死亡の低下がメインであると考えられる。

またあくまでプラセボに非劣勢という結果であり、優越性は示せなかったことから、経過観察でも良いのかもしれない。

経口なのは良いよね、でも消化器障害が気になるよね、といったところ。続報に期待。

重度の低血糖は早期心血管イベントや死亡リスクを増加させますか?(台湾の人口ベースコホート研究; Diabetes Obes Metab. 2019)

Early cardiovascular risk and all-cause mortality following an incident of severe hypoglycaemia: A population-based cohort study.

Lo SC, et al.
Diabetes Obes Metab. 2019.

PMID: 30972910

【目的】

重度の低血糖は糖尿病患者の心血管イベントのリスクが高いことと関連している。 本研究の目的は、低血糖と心血管イベントの時間的関係を明らかにすることだった。

研究材料と方法】

本観察コホート研究は、1999年から2001年の間に新たに糖尿病と診断された36万人の患者を含む台湾の縦断的コホート糖尿病患者データベース(Taiwan’s Longitudinal Cohort of Diabetes Patients Database)を使用して実施された。

“重度の低血糖は早期心血管イベントや死亡リスクを増加させますか?(台湾の人口ベースコホート研究; Diabetes Obes Metab. 2019)” の続きを読む

重症低血糖は心血管アウトカムや死亡にどのくらい影響しますか?(RCT後付け解析; VADT; Diabetes Care 2019)

Effects of Severe Hypoglycemia on Cardiovascular Outcomes and Death in the Veterans Affairs Diabetes Trial.

Randomized controlled trial

Davis SN, et al.
Diabetes Care. 2019.
PMID: 30455335

【目的】

退役軍人糖尿病試験(VADT)における重症低血糖症の危険因子、および重症低血糖症と重症心血管有害事象や心血管死亡率、そして全死因死亡率との関連性を決定すること。

【研究デザインおよび方法】

VADTデータの事後分析には、既知の心血管疾患やその他の心血管系危険因子の有無にかかわらず、11.5±7.5歳の罹病期間を有する、最適にコントロールされていない2型糖尿病(HbA1c 9.4±2.0%)の退役軍人(年齢60.5±9.0歳)1,791人が含まれた。

参加者は厳格治療群(HbA1c <7.0%)あるいは標準治療群(HbA1c <8.5%)にランダム化された。

“重症低血糖は心血管アウトカムや死亡にどのくらい影響しますか?(RCT後付け解析; VADT; Diabetes Care 2019)” の続きを読む

無症候性の甲状腺機能低下症は心血管疾患や死亡率に影響しますか?(前向きコホート研究のメタ解析; Thyroid. 2018)

Subclinical Hypothyroidism and the Risk of Cardiovascular Disease and All-Cause Mortality: A Meta-Analysis of Prospective Cohort Studies.

Moon S et al.

Thyroid. 2018 Sep;28(9):1101-1110.

doi: 10.1089/thy.2017.0414. Epub 2018 Aug 17.

PMID: 29978767

【研究の目的】

無症候性甲状腺機能低下症(SCH)が心血管疾患(CVD)のリスクおよび全死亡率に及ぼす影響を判断するために、参加者の年齢または共存するCVDリスクの状態に従って包括的なメタアナリシスを実施した。

【方法】

SCHとPubMedおよびEmbaseデータベースからの全死因死亡率との関連に関する研究が含まれていた。 CVDおよび全死因死亡率のプールされた相対リスク(RR)は、Mantel-Haenszel法を用いて計算された。冠動脈、脳、または末梢動脈疾患の病歴を含む、CVDリスクの高い参加者のサブグループ分析が行われた。拡張型心筋症;心不全;心房細動;静脈血栓塞栓症;真性糖尿病または慢性腎臓病。

“無症候性の甲状腺機能低下症は心血管疾患や死亡率に影響しますか?(前向きコホート研究のメタ解析; Thyroid. 2018)” の続きを読む