血液分布異常性ショックを伴う心房細動患者におけるバソプレシン+カテコールアミン昇圧薬 vs. カテコールアミン単独使用との関連 SR&MA(JAMA. 2018)

Association of Vasopressin Plus Catecholamine Vasopressors vs Catecholamines Alone With Atrial Fibrillation in Patients With Distributive Shock: A Systematic Review and Meta-analysis.

McIntyre WF et al.

JAMA. 2018 May 8;319(18):1889-1900. doi: 10.1001/jama.2018.4528.

PMID: 29801010

研究の重要性

血液分布異常性ショック(過度の血管拡張、最頻は重度の感染症)を有す患者におけるカテコールアミン型昇圧剤使用に対し、バソプレシンは代替となり得る。非カテコールアミン(noncatecholamine)昇圧薬による血圧のサポートは、アドレナリン作動性受容体の刺激を減少させ、心筋酸素需要を減少させる可能性がある。心房細動(疾患の存在自体)はカテコールアミンと共通点を有しており、死亡および滞在期間の延長(length of stay: LOS)等の有害事象の発生と関連している。

試験の目的

カテコールアミン昇圧薬単独と比較し、バソプレシン+カテコールアミン昇圧薬による治療が、有害事象のリスク低下と関連しているかどうか検討する。

“血液分布異常性ショックを伴う心房細動患者におけるバソプレシン+カテコールアミン昇圧薬 vs. カテコールアミン単独使用との関連 SR&MA(JAMA. 2018)” の続きを読む

【メモ】CHADS2スコア(JAMA 2001)

Validation of Clinical Classification Schemes for Predicting StrokeResults From the National Registry of Atrial Fibrillation

Gage BF et al.

JAMA. 2001 Jun 13;285(22):2864-70.

PMID: 11401607

私的背景

非弁膜症性心房細動における脳梗塞のリスク評価CHADS2スコアについて今更ながら勉強。

CHADS2スコアとは?

非弁膜症性心房細動患者における脳卒中リスクを評価するスコアリング指標。

CHADS2とは?

  Congestive heart failure(うっ血性心不全)   — 1点

  Hypertension(高血圧)   — 1点

  Age(年齢:75歳以上)   — 1点

  Diabetes(糖尿病)   — 1点

  Stroke or TIA(脳卒中 /一過性脳虚血発作の既往)   — 2点

の頭文字。0~6点で評価し、点数が高いほど脳卒中リスクが高いとされる。


コメント 

非弁膜症性心房細動患者の大半はCHADS2スコア1点以下であり、低リスクであるものの罹患者の絶対数が多いため、脳梗塞をきたす患者数としては依然として多いままである。

そのため、前述の対象患者の脳梗塞を予防することが重要。そこで2010年にCHADS2-VAScスコアが提唱された。

 

 

 

-Evidence never tells you what to do-




👇 ポチッていただけますと喜びます。

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

心房細動と心不全の合併患者には抗凝固薬を使用した方が良いですか?(Heart Vessels 2018)

Thromboembolisms in atrial fibrillation and heart failure patients with a preserved ejection fraction (HFpEF) compared to those with a reduced ejection fraction (HFrEF).

Sobue Y et al.

Heart Vessels. 2018 Apr;33(4):403-412.

PMID: 29067492

研究の背景・目的

心不全(HF)は、保存された駆出率を有するHF(Heart Failure with preserved Ejection Fraction, HFpEF:EF≧50%)、mid-range駆出率を有するHF(HFmrEF:40≦EF <49%)、および減少した駆出率を有するHF(HFrEF:EF <40%)の3つに分けられる。

これらのタイプは、しばしば心房細動(AF)と共存する。本試験では、HFpEFを有するAF患者(AF-HFpEF)とHFrEF(AF-HFrEF:HFmrEFおよびHFrEF)患者を比較し、脳卒中/全身塞栓症(strokes/systemic embolisms:SSEs)の割合、および独立した予測因子について検討した。

“心房細動と心不全の合併患者には抗凝固薬を使用した方が良いですか?(Heart Vessels 2018)” の続きを読む

若年性心房細動患者における病態進行とアウトカム(Europace. 2018)と心房細動の分類

Atrial fibrillation progression and outcome in patients with young-onset atrial fibrillation.

De With RR et al. Europace. 2018.

PMID: 29518195

本試験の目的

臨床医は若年発症の心房細動(AF)患者に遭遇する機会が増えている。若年発症のAF患者の臨床プロファイル、AF進行およびアウトカムについて検証する。

“若年性心房細動患者における病態進行とアウトカム(Europace. 2018)と心房細動の分類” の続きを読む

心房細動を伴うアジア人患者のCHA2DS2-VAScスコア(韓国サンプルコホート研究; Stroke 2017; Charge)

CHA2DS2-VASc Score (Congestive Heart Failure, Hypertension, Age ≥75, Diabetes Mellitus, Prior Stroke or Transient Ischemic Attack, Vascular Disease, Age 65-74, Female) for Stroke in Asian Patients With Atrial Fibrillation: A Korean Nationwide Sample Cohort Study.

Kim TH et al.

Stroke 2017 Jun;48(6):1524-1530.

PMID: 28455320

背景と目的

CHA2DS2-VAScの脳卒中スコア(うっ血性心不全、高血圧、年齢≧75(2点)、糖尿病、前脳卒中または一過性脳虚血発作(2点)、血管疾患、65-74歳、女性)は、大部分のガイドラインで用いられている心房細動(AF)におけるリスク層別化であるが、このスコアの大部分のデータは西洋人で得られている。脳卒中リスクにおける民族・人種差が存在する可能性がある。そこで、AFの脳卒中リスク因子とアジアの韓国AF人口におけるCHA2DS2-VAScスコアの適用について検討した。

“心房細動を伴うアジア人患者のCHA2DS2-VAScスコア(韓国サンプルコホート研究; Stroke 2017; Charge)” の続きを読む