家族性高コレステロール血症患者における低密度リポタンパク質コレステロールの目標達成と心血管アウトカムの関係性(前向きコホート研究; CASCADE FHレジストリ; Atherosclerosis. 2019)

Longitudinal low density lipoprotein cholesterol goal achievement and cardiovascular outcomes among adult patients with familial hypercholesterolemia: The CASCADE FH registry.

Duell PB et al.

Atherosclerosis. 2019 Aug 19;289:85-93.

doi: 10.1016/j.atherosclerosis.2019.08.007. [Epub ahead of print]

PMID: 31487564

【背景と目的】

家族性高コレステロール血症(familial hypercholesterolemia, FH)の専門治療を受けている患者のアウトカムに関する米国からの限られたデータがある。

【方法】

CASCADE FHレジストリデータを分析して、薬剤使用による低用量リポタンパク質コレステロール(LDL-C)レベルの長期的な変化、および主要かつ有害な心血管イベント(MACE)を評価した。

※ MACE: Major Adverse Cardiovascular Events(心筋梗塞、冠動脈血行再建、脳卒中または一過性虚血発作)

米国の専門クリニックで追跡調査を行った。

“家族性高コレステロール血症患者における低密度リポタンパク質コレステロールの目標達成と心血管アウトカムの関係性(前向きコホート研究; CASCADE FHレジストリ; Atherosclerosis. 2019)” の続きを読む