糖尿病・非糖尿病におけるHbA1cコントロールはどのくらいが良いか?(中国人口ベース前向きコホート研究; J Clin Endocrinol Metab. 2019)

Glycated Hemoglobin and All-cause and Cause-specific Mortality Among Adults With and Without Diabetes.

Li FR, et al.
J Clin Endocrinol Metab. 2019.
PMID: 30896760

背景

糖化ヘモグロビン(HbA1c)と死亡率の間の関連のパターンはまだ不明である。

【目的】

糖尿病の有無にかかわらず、どの範囲のHbA1cレベルが死亡リスクにどの程度関連しているかを調査すること。

試験デザイン・設定・試験参加者

本試験は全国規模かつ地域密着型の前向きコホート研究である。

The Health and Retirement Studyの参加者のうち利用可能なHbA1cデータを有し、かつ癌の既往歴がない15,869人(年齢中央値64歳)を組み入れた。

コックス比例ハザード回帰モデルを用いて、死亡率について95%信頼区間(95%CI)てハザード比(HR)を推定した。

【結果】

追跡期間5.8年(中央値)で合計2,133人の参加者が死亡した。糖尿病を患っている参加者では、HbA1cレベル6.5%の集団で全死亡リスクが最も低かった。

HbA1cレベルが5.6%より低いかまたは7.4%より高い場合、6.5%に比べて全死亡リスク増加が統計的に有意になった。

糖尿病に罹患していない試験参加者に関しては、HbA1cレベルが5.4%の参加者が全死亡リスクが最も低かった。 HbA1cレベルが5.0%より低いとき、HbA1cレベル5.4%と比較して、全死亡リスクは統計的に有意に増加した。しかしながら、本研究においてはHbA1cレベル5.4%を超えても全死亡リスクの統計的に有意な上昇は観察しなかった。

【結論】

全死亡率についてのU字型および逆J字型の関連が、糖尿病の有無にかかわらず試験参加者にみられた。

全生存期間の対応する最適範囲は、それぞれ5.6〜7.4%および5.0〜6.5%であると予測される。


【コメント】

アブストのみ。

効果推定値の違いはあるが、おおむね過去の報告と矛盾しない。

下げ過ぎても高過ぎても死亡リスク増加。治療目標は個々の患者に合わせて(生活背景も含めて)、柔軟に設定して良いのではなかろうか。

さて、健常者についてはHbA1c 5.0%より下がると死亡リスク増加が認められ、5.4%以上では特にリスクは認められなかったとのこと。少なくとも糖尿病発症後5年間ぐらいでは心血管イベントの増加はなさそう。これも過去の報告と矛盾しない。

糖尿病は、合併症や年齢だけでなく、罹患期間も重要(どの疾患にも言えそう)。

安定狭心症にPCIは不要?(RCT, FAME2, N Engl J Med. 2018)

Five-Year Outcomes with PCI Guided by Fractional Flow Reserve.

Xaplanteris P et al.

N Engl J Med. 2018 Jul 19;379(3):250-259.

doi: 10.1056/NEJMoa1803538. Epub 2018 May 22.

PMID: 29785878

ClinicalTrials.gov number: NCT01132495

Funded by St. Jude Medical and others

【研究の背景】

安定冠動脈疾患患者における初期治療としての医学療法よりもフラクショナルフローリザーブ(FFR)ガイド下経皮冠動脈インターベンション(PCI)が優れていると仮定した。

【方法】

血管造影で有意な狭窄を有する患者1,220人のうち、血行動態的に少なくとも狭窄が1つ有意であった患者(FFR ≦0.80)を、FFR誘導PCI+医学療法または医学療法単独にランダムに割り当てた。

全狭窄のFFRが0.80を超えていた患者は医学療法を受けた後に試験登録を受けた。

主要評価項目は、死亡、心筋梗塞、または緊急血行再建術の複合だった。

【結果】

合計888人の患者がランダム化を受けた(PCI群447人および内科療法群441人)。

試験開始後5年時点で、主要評価項目の割合はPCI群の方が薬物療法群よりも低かった(13.9% vs. 27.0%)。

ハザード比 =0.46, 95%信頼区間[CI] 0.34〜0.63, P <0.001)。

その差は緊急の血行再建術によるものであり、PCI群では6.3%、内科的治療群では21.1%だった。

ハザード比 =0.27, 95%CI 0.18〜0.41

死亡率(5.1% vs. 5.2%, ハザード比 =0.98, 95%CI 0.55〜1.75)または心筋梗塞(8.1% vs. 12.0%, HR =0.66, 95% CI 0.43〜1.00)については、PCI群と医学療法群との間に有意差はなかった。

PCI群と登録集団との間で主要評価項目の割合に有意差は認められなかった(それぞれ13.9% vs. 15.7%)。

HR =0.88, 95%CI 0.55〜1.39

狭心症からの緩和は、薬物療法後よりもPCI後の方がより顕著だった。

【結論】

安定した冠状動脈疾患の患者では、治療開始5年後における最初のFFRガイド下のPCI戦略は、医学的治療単独よりも主要複合アウトカム(死亡率、心筋梗塞、または緊急血管再建術)は有意に低かった。

血行動態的に有意な狭窄のない患者では、医学療法単独で好ましい長期転帰を示した。

【コメント】

アブストのみ。

複合アウトカムかつオープンラベルで実施。ほぼソフトエンドポイントだけに差が認められているため試験デザインとして問題があると考えられます。

さて、プライマリーアウトカムの内訳としては死亡リスクには群間差がなく、心筋梗塞リスクはやや低下傾向、緊急血行再建術リスクは有意に低かった。

本試験のみで安定狭心症にPCIが不要とまでは言えないと考えられます。

続報を待ちたい。

フェブリク®️使用による心血管イベントへの影響はどのくらいですか?(SR&MA; Int J Rheumatol. 2019)

Febuxostat and Cardiovascular Events: A Systematic Review and Meta-Analysis.

Cuenca JA, et al.
Int J Rheumatol. 2019.

PMID: 30863448

Conflicts of Interest

Michael H. Pillinger serves and/or has served as a consultant for AstraZeneca, Crealta, Horizon, Ironwood, Pfizer, and SOBI and has been an investigative site for the CARES trial, sponsored by Takeda.

【背景】

フェブキソスタットは、痛風患者における高尿酸血症の治療薬として米国で承認されている。2017年11月に、FDAはフェブキソスタットと心血管疾患(CVD)の関連の可能性に関する警告アラートを1件の臨床試験で発表した。

【目的】

系統的レビューおよびメタアナリシスを実施し、対照群と比較してフェブキソスタット投与患者における主要有害心血管イベント(MACE)のリスクを評価すること。

“フェブリク®️使用による心血管イベントへの影響はどのくらいですか?(SR&MA; Int J Rheumatol. 2019)” の続きを読む

キサンチンオキシダーゼ阻害薬と心血管アウトカムとの関係(SR&MA of RCT; BMC Cardiovasc Disord. 2018)

Xanthine oxidase inhibitors for prevention of cardiovascular events: a systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials.

Review article

Bredemeier M, et al.
BMC Cardiovasc Disord. 2018.
PMID: 29415653

【試験背景】

プリン様(アロプリノールおよびオキシプリノール)および非プリン(フェブキソスタットおよびトピロキソスタット)キサンチンオキシダーゼ阻害剤(XOI)は、プリン代謝に由来する活性酸素種の産生を減少させることによって抗酸化特性を示す。

酸化ストレスは、内皮機能不全および虚血 – 再灌流障害に関連する重要な因子であり、心不全、高血圧、および虚血性心疾患の病因に関係している可能性がある。

ただし、XOIによる心血管(CV)保護効果については相反する結果が報告されている。

【試験の目的】

プラセボまたは無治療に対してXOIを検証したランダム化比較試験(RCT)における主要有害心血管イベント(MACE)、死亡率、特定および総CVイベント(TCE)発生率を比較すること。

“キサンチンオキシダーゼ阻害薬と心血管アウトカムとの関係(SR&MA of RCT; BMC Cardiovasc Disord. 2018)” の続きを読む

高齢者の血圧コントロールは140/80 mmHg以上が良い?(ドイツ人口ベース前向きコホート研究; the Berlin Initiative Study; Eur Heart J. 2019)

Control of blood pressure and risk of mortality in a cohort of older adults: the Berlin Initiative Study.

Douros A, et al.

Eur Heart J. 2019.

PMID: 30805599

試験の目的】

降圧治療中の血圧(BP)値が140/90 mmHg未満であることが、地域在住の高齢者における全死亡リスクの低下と関連しているかどうかを評価すること。

“高齢者の血圧コントロールは140/80 mmHg以上が良い?(ドイツ人口ベース前向きコホート研究; the Berlin Initiative Study; Eur Heart J. 2019)” の続きを読む

若年末期腎障害患者における心血管疾患および死亡リスク(アメリカ人口ベース前向きコホート研究; US Renal Data System; JAMA Cardiol. 2019)

Risk of Cardiovascular Disease and Mortality in Young Adults With End-stage Renal Disease: An Analysis of the US Renal Data System.

Modi ZJ et al.

JAMA Cardiol. 2019 Mar 20. doi: 10.1001/jamacardio.2019.0375. [Epub ahead of print]

PMID: 30892557

【試験の重要性】

心血管疾患(CVD)は、末期腎疾患(ESRD)患者において主要な死因である。若年成人(22〜29歳)では、ESRD関連のCVDリスクが他の年齢とは異なる可能性がある。

【試験の目的】

若い成人におけるESRD発症は、より高い心血管(CV)入院および死亡率に関連しているとする仮説を検証すること。また小児期発症型のESRDとは異なる特徴を有している可能性があるため、合わせて検証した。

“若年末期腎障害患者における心血管疾患および死亡リスク(アメリカ人口ベース前向きコホート研究; US Renal Data System; JAMA Cardiol. 2019)” の続きを読む

心房細動を有す日本人での低用量DOAC使用は問題ない?(人口ベース 後向きコホート研究; SAKURA AFレジストリー; J Cardiol. 2019)

Relationships between maintenance of sinus rhythm and clinical outcomes in patients with heart failure with preserved ejection fraction and atrial fibrillation

Murata N et al.

J Cardiol. 2019

2019 Volume 83 Issue 4 Pages 727-735

PMID: 未

【背景】

心房細動(AF)患者の間で直接経口抗凝固薬(DOAC)の適応外投与が臨床的に行われているが、日本では過剰投与および過少投与の臨床アウトカムに関するデータが欠けている。

“心房細動を有す日本人での低用量DOAC使用は問題ない?(人口ベース 後向きコホート研究; SAKURA AFレジストリー; J Cardiol. 2019)” の続きを読む

糖尿病患者の心血管イベントおよび全死亡におけるスルホニル尿素薬と他の抗糖尿病薬の比較(NMA; Diabetes Obes Metab. 2017)

Cardiovascular events and all-cause mortality associated with sulphonylureas compared with other antihyperglycaemic drugs: A Bayesian meta-analysis of survival data.

Review article

Bain S, et al.
Diabetes Obes Metab. 2017.
PMID: 27862902

【目的】

2型糖尿病(T2DM)患者におけるスルホニル尿素(SU)vs. 他のグルコース低下薬に関連した心血管イベントと全死亡リスクを決定するために系統的レビューとメタアナリシスを行うこと。

“糖尿病患者の心血管イベントおよび全死亡におけるスルホニル尿素薬と他の抗糖尿病薬の比較(NMA; Diabetes Obes Metab. 2017)” の続きを読む

コレステロールあるいは卵の摂取は心血管疾患や死亡リスクを増加させますか?(前向きコホート研究6つのメタ解析; JAMA 2019)

Associations of Dietary Cholesterol or Egg Consumption With Incident Cardiovascular Disease and Mortality.

Zhong VW, et al.

JAMA. 2019 Mar 19;321(11):1081-1095. doi: 10.1001/jama.2019.1572.

PMID: 30874756

【試験の重要性】

コレステロールは人間の食事によくみられる栄養素であり、卵は食事性コレステロールの主な供給源である。食事性コレステロールまたは卵の消費が心血管疾患(CVD)および死亡率に関連しているかどうかは、議論が分かれている。

【試験の目的】

食事性コレステロールまたは卵の消費と、CVDの発生率および全死因死亡率との関連性を明らかにする。

【試験デザイン、設定、および参加者】

1985年3月25日から2016年8月31日の間に収集されたデータを使用して、米国の前向きコホート6件から個々の参加者データをプールした。

“コレステロールあるいは卵の摂取は心血管疾患や死亡リスクを増加させますか?(前向きコホート研究6つのメタ解析; JAMA 2019)” の続きを読む

スタチン治療中のアテローム性心血管疾患患者におけるLDLコレステロールと心血管イベントおよび死亡との関連性(; Am J Cardiol 2019)

Relation of Cardiovascular Events and Deaths to Low-Density Lipoprotein Cholesterol Level Among Statin-Treated Patients with Atherosclerotic Cardiovascular Disease

Chamberlain MA et al.

Am J Cardiol 2019

Published Online: March 08, 2019