メトホルミン使用中の日本人2型糖尿病患者における乳酸アシドーシス発生リスクはどのくらいですか?(後向き傾向スコアマッチ コホート研究; Pharmacoepidemiol Drug Saf. 2016)

Epidemiology of lactic acidosis in type 2 diabetes patients with metformin in Japan.

Chang CH, et al.
Pharmacoepidemiol Drug Saf. 2016.

【目的】

抗糖尿病薬で治療された日本人2型糖尿病(T2DM)患者における乳酸アシドーシス(Lactic acidosis, LA)の発生率とメトホルミンの役割を推定する。

“メトホルミン使用中の日本人2型糖尿病患者における乳酸アシドーシス発生リスクはどのくらいですか?(後向き傾向スコアマッチ コホート研究; Pharmacoepidemiol Drug Saf. 2016)” の続きを読む

メトグルコ®️による乳酸アシドーシス発生頻度は腎機能に左右される?(コミュニティベースコホート研究; JAMA Intern Med. 2018)

Association of Metformin Use With Risk of Lactic Acidosis Across the Range of Kidney Function: A Community-Based Cohort Study.

Lazarus B, et al.
JAMA Intern Med. 2018.

PMID: 29868840

【研究の重要性】

2型糖尿病および軽度から中等度の腎臓疾患を有する米国の約100万人の患者は、メトホルミンによるガイドラインに基づく治療を受けていない。 これは、慢性腎臓病患者のアシドーシスのリスクに関する不確実性を反映している可能性がある。

【目的】

メトホルミン使用とアシドーシスによる入院との関連性を推定された糸球体濾過率(eGFR)の範囲にわたって定量化し、経時的なeGFR段階の変化を定量化する。

“メトグルコ®️による乳酸アシドーシス発生頻度は腎機能に左右される?(コミュニティベースコホート研究; JAMA Intern Med. 2018)” の続きを読む

メトグルコ®️による乳酸アシドーシスのリスクはどのくらいですか?(デンマークの症例対照研究; PLoS One. 2018)

Risk of lactic acidosis in type 2 diabetes patients using metformin: A case control study.

Aharaz A, et al.

PLoS One. 2018.

PMID: 29738540

【背景】

メトホルミンは2型糖尿病の第一選択治療に位置している。危険ではあるがまれな副作用として、乳酸アシドーシスがあると推定されている。

【試験の目的】

2型糖尿病患者における乳酸アシドーシスの発生率を推定すること、ならびにメトホルミン治療に関連する乳酸アシドーシスの相対リスクを推定すること。

“メトグルコ®️による乳酸アシドーシスのリスクはどのくらいですか?(デンマークの症例対照研究; PLoS One. 2018)” の続きを読む