HFrEF心不全患者におけるアルダクトン®️の効果はどのくらいですか?(RCT; NEJM 1999)

The effect of spironolactone on morbidity and mortality in patients with severe heart failure. Randomized Aldactone Evaluation Study Investigators.

Randomized controlled trial

Pitt B, et al.
N Engl J Med. 1999.
PMID: 10471456

【背景と方法】

アルドステロンは心不全の病態生理学において重要である。二重盲検試験で、重症心不全と左心室駆出率が35%以下で、アンジオテンシン変換酵素阻害薬、ループ利尿薬、そしてほとんどの場合ジゴキシンで治療されていた1,663人の患者を登録した。

合計822人の患者が1日25mgのスピロノラクトンを、841人がプラセボを投与するようにランダムに割り当てられた。

主要評価項目はあらゆる原因による死亡であった。

“HFrEF心不全患者におけるアルダクトン®️の効果はどのくらいですか?(RCT; NEJM 1999)” の続きを読む