80歳以上の甲状腺機能低下症患者におけるルーティンなチラーヂン®️使用は推奨されない?(RCT2試験のメタ解析; JAMA 2019)

Association Between Levothyroxine Treatment and Thyroid-Related Symptoms Among Adults Aged 80 Years and Older With Subclinical Hypothyroidism.

Mooijaart SP, et al.

JAMA. 2019.

Trial Registration: ClinicalTrials.gov Identifier: NCT01660126; Netherlands Trial Register: NTR3851.

PMID: 31664429

【試験の重要性】

レボチロキシン治療が無症候性甲状腺機能低下症の80歳以上の成人に臨床的に重要な利益をもたらすかどうかは不明である。

【目的】

80歳以上の成人における無症候性甲状腺機能低下症に対するレボチロキシン治療と甲状腺関連の生活の質との関連を明らかにする。

“80歳以上の甲状腺機能低下症患者におけるルーティンなチラーヂン®️使用は推奨されない?(RCT2試験のメタ解析; JAMA 2019)” の続きを読む

HFrEF心不全患者におけるアルダクトン®️の効果はどのくらいですか?(RCT; NEJM 1999)

The effect of spironolactone on morbidity and mortality in patients with severe heart failure. Randomized Aldactone Evaluation Study Investigators.

Randomized controlled trial

Pitt B, et al.
N Engl J Med. 1999.
PMID: 10471456

【背景と方法】

アルドステロンは心不全の病態生理学において重要である。二重盲検試験で、重症心不全と左心室駆出率が35%以下で、アンジオテンシン変換酵素阻害薬、ループ利尿薬、そしてほとんどの場合ジゴキシンで治療されていた1,663人の患者を登録した。

合計822人の患者が1日25mgのスピロノラクトンを、841人がプラセボを投与するようにランダムに割り当てられた。

主要評価項目はあらゆる原因による死亡であった。

“HFrEF心不全患者におけるアルダクトン®️の効果はどのくらいですか?(RCT; NEJM 1999)” の続きを読む