【薬剤比較・フォーミュラリー実践のために】ピロリ菌除菌におけるタケキャブ®️の効果はどのくらいですか?(SR&MA; Helicobacter. 2018)

Systematic review with meta-analysis: Vonoprazan, a potent acid blocker, is superior to proton-pump inhibitors for eradication of clarithromycin-resistant strains of Helicobacter pylori.

Li M et al.

Helicobacter. 2018 Aug;23(4):e12495.

doi: 10.1111/hel.12495. Epub 2018 Jun 6.

PMID: 29873436

【背景】

ボノプラザンは、日本でヘリコバクターピロリ(H. pylori)感染を含む胃疾患の治療に適用される比較的新しい胃酸抑制剤である。本メタ分析では、クラリスロマイシン感受性およびクラリスロマイシン耐性H.ピロリ株を根絶するボノプラザンの能力を要約することを目的とした。

“【薬剤比較・フォーミュラリー実践のために】ピロリ菌除菌におけるタケキャブ®️の効果はどのくらいですか?(SR&MA; Helicobacter. 2018)” の続きを読む

高齢者へのPPI阻害薬の医療的価値はどのくらいですか?(人口ベース コホート研究; J Am Geriatr Soc. 2019)

Low-Value Proton Pump Inhibitor Prescriptions Among Older Adults at a Large Academic Health System.

Mafi JN, et al.

J Am Geriatr Soc. 2019.

PMID: 31486549

【背景】

高齢者では、プロトンポンプ阻害剤(PPI)薬に関連する合併症に対して特に脆弱である。品質改善(quality improvement, QI)介入を情報提供するために、高齢者における潜在的に価値の低いPPI処方の有病率を特徴付けようと試みた。

“高齢者へのPPI阻害薬の医療的価値はどのくらいですか?(人口ベース コホート研究; J Am Geriatr Soc. 2019)” の続きを読む

【症例検討】ピロリ菌除菌後のGERD発生率はどのくらいですか?

ピロリ菌除菌後の胃食道逆流症は本当に存在するのか?

背景

ある日、ピロリ菌除菌の患者さんが薬局を訪れた。処方内容は以下の通り;

Rp 1) ボノサップ®️パック — 11シート 朝夕食後 7日分

Rp 2) タケプロン®️OD15mg — 11 夕食後 21日分 ボノサップ服用終了後より開始

目的

ピロリ菌の一次除菌および除菌後の胃食道逆流症(GastroEsophageal Reflux Disease: GERD)予防の処方であると考えられる。ここでピロリ菌除菌後のGERDはどのくらい発生するのだろうか?という疑問がわいた。周りにきいてみると「10%ぐらいだったような」という、やや曖昧な回答。

そこで、

①どのくらいGERDが発生するのか?

②ピロリ菌除菌でGERD症状が緩和できるのか?

これら2点について明らかにするために論文検索を行った。

“【症例検討】ピロリ菌除菌後のGERD発生率はどのくらいですか?” の続きを読む

変形性関節症および関節リウマチ患者におけるセレコックス®️ vs. ボルタレン®️+オメプラール®️(CONDOR trial; Lancet 2010)

Celecoxib versus omeprazole and diclofenac in patients with osteoarthritis and rheumatoid arthritis (CONDOR): a randomised trial.

Chan FK et al.

Lancet. 2010 Jul 17;376(9736):173-9. doi: 10.1016/S0140-6736(10)60673-3. Epub 2010 Jun 16.

PMID: 20638563

FUNDING: Pfizer Inc.

試験の背景

シクロオキシゲナーゼ(Cyclo-oxygenase: COX)-2選択性的非ステロイド性抗炎症薬(non-steroidal anti-inflammatory drugs: NSAIDs)と、非選択的NSAIDs+プロトンポンプ阻害薬(proton-pump inhibitor: PPI)併用は、同様の上部消化管アウトカムであることが報告されている。

しかし胃腸管全体にわたる臨床アウトカムのリスク増加は非選択的薬剤よりもCOX-2選択的薬剤でより低いかもしれない。

本研究では、胃腸イベントに対するセレコックス®️(セレコキシブ)と、ボルタレン®️(ジクロフェナク)徐放製剤+オメプラール®️(オメプラゾール)併用とのリスクについて比較検討した。

“変形性関節症および関節リウマチ患者におけるセレコックス®️ vs. ボルタレン®️+オメプラール®️(CONDOR trial; Lancet 2010)” の続きを読む

高齢者におけるPPI長期使用は市中肺炎のリスク因子ですか?

Proton-Pump Inhibitors and Long-Term Risk of Community-Acquired Pneumonia in Older Adults.

Zirk-Sadowski J, et al.

J Am Geriatr Soc. 2018.

PMID: 29676433

背景

プロトンポンプ阻害薬(Proton-Pump Inhibitor:PPI)使用により市中肺炎のリスク増加が報告されている。本試験は高齢者におけるPPI使用が同様にリスクを増加させるか否か、後ろ向きに検討した。

“高齢者におけるPPI長期使用は市中肺炎のリスク因子ですか?” の続きを読む

Proton Pump Inhibitor(PPI)長期使用による生殖機能への影響はありますか?(Fetil Steril 2016;charge)

Are proton-pump inhibitors harmful for the semen quality of men in couples who are planning pregnancy?

Huijgen NA et al.

Fertil Steril. 2016 Dec;106(7):1666-1672.e2.

PMID: 27743698

背景

今日までに Proton Pump inhibitor(PPI)長期使用による “認知症”、”低 Mg血症”、”骨粗鬆症・骨折”、”ビタミン B12の欠乏”、”鉄の欠乏”、”間質性腎炎”、”市中肺炎”、”感染性腸炎” 等のリスク増加が報告されている。しかし生殖機能への影響は不明である。そこで、妊娠を計画しているカップルのうち proton pump inhibitor長期服用中の若い男性における精液パラメータへの影響を後向きに検討した。

“Proton Pump Inhibitor(PPI)長期使用による生殖機能への影響はありますか?(Fetil Steril 2016;charge)” の続きを読む