インフルエンザ検査の是非⑤【検査キットの感度・特異度・ベイズの定理】

背景

前回は尤度比について解説しました。

インフルエンザ検査の是非④【尤度比】

この “尤もらしさ” を活用するために必要となるのが検査キットの感度特異度,そして事前オッズです。

そして、これらの情報をもとに疾患の罹患確率を算出する方法論が “ベイズの定理” です。

“インフルエンザ検査の是非⑤【検査キットの感度・特異度・ベイズの定理】” の続きを読む

インフルエンザ検査の是非④【尤度比】

背景

前回、陽性的中率・陰性的中率について解説しました。今回は “尤度比” について解説します。

前回の記事はこちら↓

https://noirvan13.xsrv.jp/?p=1566

尤度比って何?

尤度比(Likelihood Ratio, LR)とは、

ある疾患のなりやすさや起こりやすさ、つまり 尤(もっと)もらしさを表す指標

の一つです。

ちなみに陽性尤度比が高いと 検査をする価値が高い つまり検査した方が良いことになります。詳細については次回以降に解説します。

尤度比にも陽性と陰性がある?

確率である尤度(なりやすさ、起こりやすさ)は、比率として0~1で表されることが多いです。 検査結果が陽性の場合を

陽性尤度比(Positive Likelihood Ratio, +LR)、

陰性の場合を

陰性尤度比(Negative Likelihood Ratio, -LR

と呼びます。

陽性尤度比は、 感度/(1-特異度)

陰性尤度比は、 1-感度)/特異度

で算出します。

つまり陽性尤度比は、”疾患ありの人が検査陽性となる確率” を “疾患のない人が検査陽性(偽陽性)となる確率” で割ったのものです。

一方、陰性尤度比は、”疾患ありの人が検査陰性(偽陰性)となる確率” を “疾患のない人が検査陰性となる確率” で割ったのものです。

それぞれの値を算出するために、前回同様に表1を使用します。

    疾患あり 疾患なし 合計
検査で陽性判定 105 45 150
検査で陰性判定 55 105 160
 合計 160 150 310

表1. ある検査で陽性あるいは陰性と判定された人数

陽性尤度比 =(105/160)/(1-105/150)=2.1875

陰性尤度比 = (1-105/160)/(105/150)=0.49107…

まとめ

尤度比は、感度・特異度から算出しているため、疾患の頻度や有病率とは関係しない値。

そして、より臨床現場に近い診断を行うため尤度比を活用するためには、事前オッズ・事後オッズが必要となります。

簡単に説明すると、今、目の前の患者が仮にインフルエンザである確率はどのくらいなのか?という見立てが事前オッズです。そして事前オッズに尤度比を乗じることで事後オッズが算出できます。

次回はいよいよインフルエンザ検査の曖昧さについて明らかにしていきます。

インフルエンザ検査の是非③【陽性的中率・陰性的中率】

背景

ここまで検査キットの精度(accuracy)について解説してきました。

今回は、より現場で役立つ “陽性的中率・陰性的中率” について解説していきます。

的中(適中)率って何?

読んで字の如く、疾患の陽性・陰性が当たる確率です。

前回の記事でご紹介した “感度・特異度” は、そもそも疾患を有している人、疾患のない人が対象となっています。

インフルエンザ検査の是非②【感度・特異度】

しかし実際の現場では、例えばインフルエンザなのか、風邪症候群なのか、はたまた別の疾患なのかわからない状況です。そこで的中率の登場というわけです。次のような表を書いてみると、より理解しやすいと思いますので、こちらの表1を使って解説していきます。

“インフルエンザ検査の是非③【陽性的中率・陰性的中率】” の続きを読む

インフルエンザ検査の是非②【感度・特異度】

背景

前回インフルエンザ検査についてシリーズものを組みました。↓こちらが前回の記事。

インフルエンザ検査の是非①【導入編】

今回は、検査キットへの理解を深めるために “感度・特異度” についてご紹介します。

感度・特異度って何?

検査キット全般に言えることですが、感度特異度という言葉があります。インフルエンザを例に説明すると、実際にインフルエンザに罹っているかどうか検査したときの検査キットそのものの指標です。精度(accuracy)と表現することが多いと思います。

少し詳しく説明すると 感度(sensitivity) とは、

インフルエンザ患者に対し、インフルエンザ検査で陽性判定が出たときに、本当にインフルエンザに罹っているであろう患者の割合

です。仮に100人のインフルエンザ患者がいたとして、検査で80人陽性ならば感度は80%ということになります。つまり20%は偽陰性(本当はインフルエンザに罹患しているのに見逃される危険性)ということになります。

感度は、しばしば文献で ‘True Positive Rate’ と表現されます。

ただし現実世界では、インフルエンザに罹っているか否かを検査するわけですので対象がインフルエンザに罹患しているのかは未知数のはずですよね。

次に 特異度(Specificity) についてですが、これは感度の真逆の定義です。

つまり、インフルエンザに罹っていない人に対し、インフルエンザ検査で陰性判定がでたときに、本当にインフルエンザに罹っていないであろう人の割合

です。したがって仮に100人の非インフルエンザ罹患者がいた場合、検査で80人陰性ならば特異度は80%であり、残りの20%は偽陽性(本当はインフルエンザに罹患していないのに、インフルエンザ患者とされてしまう危険性)ということになります。こちらは ‘True Negative Rate’ と表現されます。

先ほども触れましたが、インフルエンザに罹患しているのか否かは検査前では未知数ですので、有用な情報とは言えませんね。

ただ、検査キットの精度を理解する上でどちらも重要な言葉ですので一度説明しました。

まとめ

感度が高いということは、ある疾患の罹患者を陽性として判定しやすいということ。

つまり感度が高い検査キットで陰性と判定されれば、陰性である確率が高い。

特異度が高いということは、ある疾患に罹患していない人を陰性として判定しやすいということ。

つまり特異度が高い検査キットで陽性と判定されれば、陽性である確率が高い。

次回は、より現場で有用となる指標、陽性的中率・陰性的中率・尤度比についてご紹介します。

インフルエンザ検査の是非①【導入編】

背景

毎年インフルエンザのシーズンになると患者さんから必ず聞かれることがあります。「検査で陰性なのに何でインフルエンザの薬が出ているの?」

「検査してないのに何でインフルエンザの薬が出ているの?」

検査キットが診断するのか?

以前にブログで書きましたが、まずインフルエンザか否かの診断は医師が行います。

https://noirvan13.xsrv.jp/2017/12/13/influenza-check-kit/

そして検査は絶対的なものではありません。

この ‘検査が絶対ではない’ という点について「検査って100%正確でしょ?外れることもあるってよく理解できない」と言われることがあるので、この部分を次回から考察していきます。

今日はここまで。

【代用のアウトカム】インフルエンザウイルスの感染力は湿度によって異なりますか?(J Infect Dis. 2018)

Influenza Virus Infectivity Is Retained in Aerosols and Droplets Independent of Relative Humidity.

Kormuth KA et al.

J Infect Dis. 2018 Jun 7. doi: 10.1093/infdis/jiy221. [Epub ahead of print]

PMID: 29878137

研究の背景

パンデミックおよび季節性インフルエンザウイルスは、広範な環境条件にわたってウイルスが安定して感染性を維持しなければならない。これにはエアロゾルおよび液滴を介して伝達され得る。

“【代用のアウトカム】インフルエンザウイルスの感染力は湿度によって異なりますか?(J Infect Dis. 2018)” の続きを読む

【速報】抗インフルエンザウイルス薬 ゾフルーザ錠®︎の薬価収載は3月14日

中医協は 3月7日、A型、B型インフルエンザウイルスに効能効果を持つ、ゾフルーザ錠®︎(バロキサビル マルボキシル)の薬価を了承

薬価は?

10mg1507.5円、

20mg2394.5円だ。

1日薬価は4789円。

薬価収載は314日の予定

(出典:厚生労働省のホームページ)。

用法・用量は?

成人と 12歳以上の小児は 20mg 2

体重 80kg以上の患者には 20mg 4

12歳未満の小児: 40kg以上では 20mg 2

                               2040kg未満では 20mg 1

  1020kg未満では 10mg 1

加算は?

有用性加算II5%)、先駆け審査指定制度加算(10%)が付いた。

 

 

 

zohuru-za

【CQ受け取りましたシリーズ】ラニナビルによるインフルエンザ予防効果はどのくらいですか?

Laninamivir octanoate for post-exposure prophylaxis of influenza in household contacts: a randomized double blind placebo controlled trial.

Kashiwagi S et al.

J Infect Chemother. 2013 Aug;19(4):740-9.

PMID: 23732307

資金提供

第一三共株式会社(イナビル®の製造販売元)

 

利益相反COI or 開示disclosure

S.K, A.W. and H.I. have received consultancies of this trial from Daiichi Sankyo Co., Ltd. S.K. has received lecture fees from GlaxoSmithKline K.K. and Daiichi Sankyo Co., Ltd. A.W. has received research grants from Astellas Pharma Inc, KYORIN Pharmaceutical Co., Ltd., Shionogi & Co., Ltd., Daiichi Sankyo Co.,Ltd., Taisho Pharmaceutical Co., Ltd., Dainippon Sumitomo Pharma Co., Ltd., Taiho Pharmaceutical Co., Ltd., TOYAMA CHEMICAL CO., LTD., and Meiji Seika Pharma Co., Ltd.; A.W. has received lecture fees from ABBOTT JAPAN CO., LTD., MSD K.K., Otsuka Pharmaceutical Co., Ltd., GlaxoSmithKline K.K., Shionogi & Co., Ltd., Daiichi Sankyo Co., Ltd., Taisho Toyama Pharmaceutical Co., Ltd, Dainippon Sumitomo Pharma Co., Ltd., Mitsubishi Tanabe Pharma Corporation, and Bayer Yakuhin, Ltd. H.I. has received research grants and lecture fees from GlaxoSmithKline K.K. and Daiichi Sankyo Co., Ltd. All other authors were from Daiichi Sankyo Co., Ltd.

私的背景

2017年12月のある寒い日、会議後の飲み会の席で同僚から「イナビル®︎のインフルエンザ予防効果ってどのくらいですか?1週間ぐらいですかね?」と唐突に質問された。

「CQ受け取りましたシリーズ」の始まりである。 “【CQ受け取りましたシリーズ】ラニナビルによるインフルエンザ予防効果はどのくらいですか?” の続きを読む

インフルエンザワクチンの効果は年齢で異なりますか?(Vaccine. 2018; Charge)

Influenza vaccine effectiveness in older adults compared with younger adults over five seasons.

Russell K et al.

Vaccine. 2018 Feb 28;36(10):1272-1278.

PMID: 29402578

背景

米国における若年成人と比較し、高齢者(65歳以上)でのインフルエンザウイルスに対するワクチン有効性(vaccine effective: VE)の低下に関しては、有効であるとする報告と、有効性が低いとする報告とが混在しており、一貫性はない。これら観測の一貫性を評価するには、複数の季節にわたる VEの直接比較が必要である。

“インフルエンザワクチンの効果は年齢で異なりますか?(Vaccine. 2018; Charge)” の続きを読む

【新薬の効果はどのくらい?】バロキサビル(ゾフルーザ®️)

1回飲むだけのインフル新薬、5月発売へ

2月2日の朝日新聞DIGITALで新薬について採り上げられていました。早速、効果を検証してみようと臨床試験の結果を検索したところ以下の文献が見つかりました。残念ながら Abstractのみです。

 

“【新薬の効果はどのくらい?】バロキサビル(ゾフルーザ®️)” の続きを読む