Xa因子阻害薬による出血への中和抗体Andexanet alfaの効果はどのくらいですか?(Open-label; ANNEXA-4; N Engl J Med. 2019)

Full Study Report of Andexanet Alfa for Bleeding Associated with Factor Xa Inhibitors.

Connolly SJ, et al.
N Engl J Med. 2019.
PMID: 30730782

ClinicalTrials.gov number: NCT02329327

Funding: Portola Pharmaceuticals

【研究の背景】

Andexanetアルファ(アンデキサネット)は第Xa因子阻害剤の作用に対する拮抗(逆転)薬として開発された修飾組換え不活性型のヒト第Xa因子である。

【方法】

第Xa因子阻害薬の投与後18時間以内に急性大出血を来した352人の患者を評価した。試験参加者は、まずアンデキサネットのボーラス投与を受け、続いて2時間の持続注入を受けた。

主要アウトカムは、アンデキサネット治療後の抗第Xa因子活性の変化率、および注入終了後12時間で優れたまたは良好な止血効果を示す患者の割合であり、止血効果は所定の基準に基づいて判断された。

アンデキサネットの有効性は、確認された大出血および少なくとも75 ng/mLのベースライン抗第Xa因子活性(またはエノキサパリンを投与されている患者については0.25 IU/mL以上)を有する患者のサブグループにおいて評価された。

【結果】

試験参加者の平均年齢は77歳であり、大部分は実質的な心血管疾患を患っていた。出血部位は主に頭蓋内(227人の患者[64%])または消化管(90人の患者[26%])であった。

アピキサバンを投与された患者では、抗第Xa因子活性の中央値はベースライン時の149.7 ng/mLからアンデキサネットボーラス投与後の11.1 ng/mLまで減少した(92%減少, 95%信頼区間[CI] 91〜93)。

リバロキサバンを投与された患者では、中央値211.8 ng/mLから14.2 ng/mLに減少した(92%減少, 95%CI 88〜94)。

評価できる患者249人中204人(82%)において、優れたまたは良好な止血が見られた。

30日以内に、49人(14%)および34人(10%)の患者が血栓症で死亡した。

抗Xa因子活性の低下は、全体として止血効果を予測するものではなかったが、頭蓋内出血の患者ではやや予測的だった。

【結論】

第Xa因子阻害薬の使用に関連した急性大出血の患者では、andexanetによる治療は抗第Xa因子活性を著しく低下させ、治療12時間で患者の82%は優れたまたは良好な止血効果を示した。


【コメント】

アブストのみ。

Factor Xa中和抗体の開発が進んでいるようです。海外だけにとどまらず日本国内での開発も行われているようです。

血栓症で死亡する患者が10%程度認められていることから、使用した方が良い対象患者を見極める必要がありますね。

続報に期待。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です