心房細動を有す日本人においてワーファリン®️とDOACsはどちらが優れていますか?(SAKURA AF Registry 2018)

Three-Year Clinical Outcomes Associated With   Warfarin vsDirect Oral Anticoagulant Use Among Japanese Patients With Atrial Fibrillation   – Findings From the SAKURA AF Registry.

Okumura Y et al.

Circ J. 2018 Aug 4. doi: 10.1253/circj.CJ-18-0535. [Epub ahead of print]

PMID: 30078823

背景

日本の心房細動患者では、直接的経口抗凝固剤(direct oral anticoagulants, DOACs)が広く使用されているが、適切な経過観察時間と速度での大規模な調査が欠如している。

今回、日本のAF患者における経口抗凝固剤(oral anticoagulant, OAC)使用の治療成果を調査するために作成されたSAKURA AFレジストリを用いて研究を行った。

“心房細動を有す日本人においてワーファリン®️とDOACsはどちらが優れていますか?(SAKURA AF Registry 2018)” の続きを読む

【寄稿のお知らせ】AHEADMAP会報誌・臨床批判Vol.2 No.3(2018年10月)

臨床批評VoL.2 No.4リリース

AHEADMAP会報誌に寄稿しました!!

今回の内容は「薬剤性せん妄が疑われる症例」への処方提案です。

介入方法や考え方だけでなく、臨床行動のSTEP5についても触れています。

 

拙文ですが御一読いただけますと幸いです。

よろしくお願いいたします。

 

前回の寄稿内容はこちら↓

https://noirvan13.xsrv.jp/2018/07/28/【寄稿のお知らせ】aheadma…ol-2-no-3(2018年7/

 

以下の画像をクリックすると 、

AHEADMAPホームページ

に飛びます 。

痛風患者におけるアロプリノール使用は腎機能に影響しますか?(JAMA Intern Med 2018)

Association of Chronic Kidney Disease With Allopurinol Use in Gout Treatment.

Vargas-Santos AB et al.

JAMA Intern Med. 2018 Oct 8. doi: 10.1001/jamainternmed.2018.4463. [Epub ahead of print]

PMID: 30304329

研究の重要性

臨床医は、腎機能が低下したときに痛風患者におけるアロプリノール使用についてしばしば慎重である。

研究の目的

痛風患者におけるアロプリノール使用と慢性腎疾患ステージ3以上のリスクとの関連性を評価する。

“痛風患者におけるアロプリノール使用は腎機能に影響しますか?(JAMA Intern Med 2018)” の続きを読む

糖尿病既往のない慢性腎障害患者における低タンパク食の効果はどのくらいですか?(CDSR 2009)

Low protein diets for chronic kidney disease in non diabetic adults.

Fouque D et al.

Cochrane Database Syst Rev. 2009 Jul 8;(3):CD001892. doi: 10.1002/14651858.CD001892.pub3.

PMID: 19588328

研究の目的

低タンパク食摂取は透析導入を遅延できるか。

“糖尿病既往のない慢性腎障害患者における低タンパク食の効果はどのくらいですか?(CDSR 2009)” の続きを読む

Up-To-Date Evidence for DPP-4 inhibitors(Last Up Dated on OCT 12th, 2018)

心血管イベントについて検討した臨床試験(CardioVascular Outcome Trials: CVOTs)結果のまとめです!

前回のアップデートから1年ほど経過

https://noirvan13.xsrv.jp/2017/12/14/up-to-date-evidence-of-dpp-4-inhibitors%EF%BC%88last-updated-oct-14th-2017%EF%BC%89/

“Up-To-Date Evidence for DPP-4 inhibitors(Last Up Dated on OCT 12th, 2018)” の続きを読む

【メモ】レクサプロ®️使用によるQT延長はどのくらい起きますか?

市販後調査が延長に?

PMDAから指示されているレクサプロ®️(エスシタロプラム)の市販後調査は、当初2018年まででしたが、検討会を経て2021年4月21日まで延長されました1)

2018年10月現在、レクサプロ®️(エスシタロプラム)使用によるQT延長症候群およびTorsades de Pointesの発現頻度は、添付文書上「頻度不明」のままです2)。そこで文献検索を行い、エスシタロプラムを日本人へ使用した場合に、QT延長がどのくらいの頻度で起こるのか調査した。

“【メモ】レクサプロ®️使用によるQT延長はどのくらい起きますか?” の続きを読む

膀胱炎を繰り返す閉経前女性において飲水量を増やすと膀胱炎再発を抑えられますか?(JAMA Intern Med. 2018)

Effect of Increased Daily Water Intake in Premenopausal Women With Recurrent Urinary Tract Infections: A Randomized Clinical Trial

Hooton TM et al.

JAMA Intern Med. 

Published online October 1, 2018. doi:10.1001/jamainternmed.2018.4204

PMID: 30285042

Trial Registration  ClinicalTrials.gov identifier: NCT02444975

研究の目的

毎日の水分摂取量を増やすと、水分摂取量が少ない閉経前女性における再発性膀胱炎が予防されるか検討する

“膀胱炎を繰り返す閉経前女性において飲水量を増やすと膀胱炎再発を抑えられますか?(JAMA Intern Med. 2018)” の続きを読む