IgA腎症患者における扁桃摘出術は有効ですか?(前向きコホート研究; JAMA Netw Open. 2019)

Association Between Tonsillectomy and Outcomes in Patients With Immunoglobulin A Nephropathy.

Hirano K et al.

JAMA Netw Open. 2019 May 3;2(5):e194772.

doi: 10.1001/jamanetworkopen.2019.4772.

PMID: 31150076

【試験の重要性】

免疫グロブリンA腎症は、世界中の末期腎疾患の主な原因である。レニン-アンジオテンシン系阻害剤およびコルチコステロイド使用を含む以前の医療管理方法は、臨床試験で証明されていない。

【目的】

扁桃摘出術とIgA腎症患者の転帰との関係を調査する。

【試験設計、設定、および参加者】

本コホート研究には、2002年から2004年の間にIgA腎症患者1,065人が登録され、扁桃摘出術を受けた患者と受けなかった患者の2つのグループに分けられた。

腎生検後1年以内の初期治療(レニン-アンジオテンシン系阻害剤またはコルチコステロイド)も評価された。

1対1の傾向スコアマッチングを実行して、グループ間の差異を明らかにし、153個の一致したペアが得られた。

フォローアップは2014年1月31日に終了した。分析は2017年9月11日から2018年7月31日までに実施された。

【暴露】

扁桃摘出術。

【主なアウトカムと対策】

主要なアウトカムは、ベースラインまたは透析開始から血清クレアチニンレベルの1.5倍増加の初発だった。

副次的転帰には、腎生検および有害事象の1年後に開始されたレニン-アンジオテンシン系阻害剤またはコルチコステロイドによる追加療法が含まれた。

【結果】

・1,065人の患者(女性が49.8%; 中央値[四分位範囲]の年齢 35 [25-52]歳)では、平均(SD)推定糸球体濾過率は76.6(28.9)mL/min/1.73 m2およびタンパク尿は1日あたり中央値0.68(四分位範囲 0.29〜1.30)gだった。

・腎生検後1年以内に252人の患者(23.7%)が扁桃摘出を受け、813人の患者(76.3%)が扁桃摘出を受けなかった。

・中央値 5.8(四分位範囲 1.9〜8.5)年のフォローアップ中に、129人の患者(12.1%)が主要転帰に到達した。マッチング分析では、扁桃摘出術は一次転帰の減少と関連していた。

★ ハザード比 =0.34、95%CI 0.13〜0.77、P = 0.009

・サブグループ分析では、扁桃摘出術に関連する利益は、ベースライン特性の差異によって変化しなかった。

・扁桃摘出術を受けた患者は、一過性扁桃摘出に関連する合併症を除き、腎生検の1年後の追加治療が少なくて済み(有害ハザード比 =0.37; 95%CI 0.20〜0.63; P <0.001)、有害事象のリスクは増加していなかった。

【結論と関連性】

本研究では、扁桃摘出術がIgA腎症患者の腎転帰のリスク低下と関連していることが明らかとなった。扁桃摘出術の潜在的な役割は、IgA腎症患者における末期腎疾患を予防するために考慮されるべきである。


【コメント】

アブストのみ。

IgA腎症と扁桃摘出が関連していることを知りませんでした。もちろん診療ガイドラインにも記載がありました。

さて、クレアチニン値の1.5倍と代替のアウトカムではあるが、口蓋扁桃摘出はIgA腎症における腎機能低下を抑制した。ホント意外な関係性があるのですね。

透析導入をアウトカムに設定した試験についても読んでみようと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です