HER2陰性乳がん患者においてアブラキサン®️とタキソール®️はどちらが優れていますか?(ENTA trial; RCT; JAMA Oncol. 2018)

Comparing Neoadjuvant Nab-paclitaxel vs Paclitaxel Both Followed by Anthracycline Regimens in Women With ERBB2/HER2-Negative Breast Cancer-The Evaluating Treatment With Neoadjuvant Abraxane (ETNA) Trial: A Randomized Phase 3 Clinical Trial.

Gianni L, et al.
JAMA Oncol. 2018.
PMID: 29327055

Trial Registration: clinicaltrials.gov Identifier: NCT01822314.

【重要性】

アントラサイクリンとそれに続くタキサンを使用したネオアジュバント化学療法レジメンの研究では、アントラサイクリンベースのレジメン単独と比較して、病理学的完全寛解(pathological complete remission, pCR)率が2倍になることが報告されている。

また治療順序が逆であってもアクティビティは減少しなかった。

Nab-パクリタキセルは、パクリタキセルのアルブミン結合ナノ粒子であり、前投薬なしで安全な注入を可能にし、その使用により、GeparSepto試験で優位にpCR率が高かった。

【試験の目的】

nab-パクリタキセルが、ネオアジュバント送達パクリタキセルと比較して、早期および局所進行性ヒト上皮成長因子受容体2(ERBB2 / HER2)陰性乳がんの転帰を改善するかどうかを判断する。

【設計、設定、および参加者】

本多施設共同非盲検試験では、GrupoEspañoldeInvestigaciónenCáncerde Mama(GEICAM)およびBreast Cancer Research Center-Western Australia(BCRC-WA)と共同で、新たにERBB2 / HER2陰性乳がんと診断された患者が中央集中型に募集された。

参加者は、ランダムにパクリタキセル90 mg / m2(349人)またはnab-パクリタキセル125 mg / m2(346人)に割り当てられた。

両薬剤とも1週目、2週目、3週目に投与、その後1週間の休薬を1サイクルとし、これを4サイクル行った。その後、研究者が選択した参加者に対してアントラサイクリンレジメンを4サイクル行った。

【主なアウトカムと対策】

主要エンドポイントは、手術時の乳房および腋窩リンパ節に浸潤性細胞が存在しないと定義されたpCRの割合(すなわち、ypT0 / is ypN0: 原発巣と腋窩リンパ節の浸潤がん消失)だった。

二次エンドポイントは、2つのレジメンの忍容性と安全性の評価とした。

【結果】

・2013年5月から2015年3月までに、814人の患者が研究に登録された。 そのうち695人の患者が中央確認における試験参加資格を満たし、ランダムにパクリタキセル(349例)またはnab-パクリタキセル(346例)(年齢の中央値 50歳、範囲 25〜79歳)のいずれかに割り当てられた。

・主要エンドポイントであるpCRの治療意図分析ITTにより、nab-パクリタキセル後のpCR率の改善は22.5%、パクリタキセル後は18.6%だった。

★オッズ比[OR] 0.77; 95%CI 0.52〜1.13; P = 0.19)

・全体として、パクリタキセル群で38/335人(11.3%)が少なくとも1つの重篤な有害事象を、nab-パクリタキセル群で54/337人(16.0%)が発症した。

・グレード3以上の末梢神経障害は、それぞれ335人中6人(1.8%)と337人中15人(4.5%)に発生した。

【結論と関連性】

nab-パクリタキセル後のpCRの改善率は統計的に有意ではなかった。 多変量解析により、腫瘍のサブタイプ(トリプルネガティブ vs. ルミナルBタイプ)が治療結果に影響を与える最も重要な要因(OR 4.85; 95%CI 3.28〜7.18)であることが明らかになった。


【コメント】

アブストのみ。

有効性は両群間に差は認められませんでした。

個人的にはアブラキサン®️の方が副作用が少ないイメージを持っていましたが、本RCTでは重篤な有害事象およびグレード3以上の末梢神経障害は多かった。タキソール®️で良いような気がしてしまう。

アブラキサン®️の利点ってステロイドの前投与がいらないぐらいでしょうか。アレルギー反応も出にくいのでしょうか。

続報に期待

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です