【批判的吟味】花粉症に対するOralair®️舌下免疫療法の効果はどのくらいですか?(RCT; J Allergy Clin Immunol. 2012)

Clinical efficacy of 300IR 5-grass pollen sublingual tablet in a US study: the importance of allergen-specific serum IgE.

くRandomized controlled trial

Cox LS, et al.

J Allergy Clin Immunol. 2012.

PMID: 23122534

【背景】

以前に行われた試験では、草花粉誘発性アレルギー性鼻結膜炎の成人および小児に対する5種類のイネ科花粉(orchard grass, Dactylis glomerata; Kentucky bluegrass, Poa pratensis; perennial rye grass, Lolium perenne; sweet vernal grass, Anthoxanthum odoratum; and timothy grass, Phleum pratense)を利用した舌下錠(Oralair®️)の有効性、安全性、および最適な投与量が実証されている。

【目的】

米国成人における300反応性指数(index of reactivity, IR)Oralair®️舌下錠の有効性と安全性の評価を試みた。

“【批判的吟味】花粉症に対するOralair®️舌下免疫療法の効果はどのくらいですか?(RCT; J Allergy Clin Immunol. 2012)” の続きを読む