治療抵抗性てんかん患者における標準治療へのトピナ®️追加効果はどのくらいですか?(SR&MA; CDSR 2019)

Topiramate add-on therapy for drug-resistant focal epilepsy.

Bresnahan R et al.

Cochrane Database Syst Rev. 2019 Oct 23;10:CD001417.

doi: 10.1002/14651858.CD001417.pub4. [Epub ahead of print]

PMID: 31642054

【背景】

てんかん患者の大部分は予後良好で、発作は単一の抗てんかん薬で管理されている。ただし、人口ベースの研究からの患者の最大20%、および臨床シリーズ(人口ベースではない)からの最大30%が、薬剤耐性てんかん、特に焦点発作を発症する。

本レビューでは、薬剤耐性限局性てんかんのアドオン治療として使用されたときに1996年に最初に販売された抗てんかん薬であるトピラマートに関する現在のエビデンスをまとめている。前回のエビデンスアップデートは2014年だった。

“治療抵抗性てんかん患者における標準治療へのトピナ®️追加効果はどのくらいですか?(SR&MA; CDSR 2019)” の続きを読む