高血圧および2型糖尿病合併患者におけるメトホルミン使用は心不全(HFpEF)発症を抑制する?(小規模傾向スコアマッチ後向き研究; Int. J. Cardiol. 2019

Association between long-term prescription of metformin and the progression of heart failure with preserved ejection fraction in patients with type 2 diabetes mellitus and hypertension

Gu J et al.

International Journal of Cardiology 2019

https://doi.org/10.1016/j.ijcard.2019.11.087

PMID: 未

【ハイライト】

•メトホルミンは左室拡張機能と肥大を改善した。
•メトホルミンは、新規発症HFpEFの発生率低下と関連していた。
•メトホルミンは、T2DMおよび高血圧の患者のHFpEFの進行を遅らせる可能性がある。

【背景】

真性2型糖尿病(T2DM)と高血圧は、駆出率が保存された後の偶発性心不全(HFpEF)のリスク増加と独立して関連している。

本研究は、これらの患者における長期メトホルミン処方の影響を評価するために設計された。

“高血圧および2型糖尿病合併患者におけるメトホルミン使用は心不全(HFpEF)発症を抑制する?(小規模傾向スコアマッチ後向き研究; Int. J. Cardiol. 2019)” の続きを読む