IgA腎症患者における扁桃摘出術は有効ですか?(前向きコホート研究; JAMA Netw Open. 2019)

Association Between Tonsillectomy and Outcomes in Patients With Immunoglobulin A Nephropathy.

Hirano K et al.

JAMA Netw Open. 2019 May 3;2(5):e194772.

doi: 10.1001/jamanetworkopen.2019.4772.

PMID: 31150076

【試験の重要性】

免疫グロブリンA腎症は、世界中の末期腎疾患の主な原因である。レニン-アンジオテンシン系阻害剤およびコルチコステロイド使用を含む以前の医療管理方法は、臨床試験で証明されていない。

【目的】

扁桃摘出術とIgA腎症患者の転帰との関係を調査する。

“IgA腎症患者における扁桃摘出術は有効ですか?(前向きコホート研究; JAMA Netw Open. 2019)” の続きを読む