新規2型糖尿病診断後のDPP-4阻害薬使用による膵炎・膵臓がんリスクはどのくらいですか?(韓国 人口ベース コホート研究; Diabetes Care. 2019)

Nationwide Trends in Pancreatitis and Pancreatic Cancer Risk Among Patients With Newly Diagnosed Type 2 Diabetes Receiving Dipeptidyl Peptidase-4 Inhibitors.

Lee M et al.

Diabetes Care. 2019 Aug 20. pii: dc182195.

doi: 10.2337/dc18-2195. [Epub ahead of print]

PMID: 31431452

【目的】

ジペプチジルペプチダーゼ-4阻害剤(Dipeptidyl peptidase-4 inhibitors, DPP-4i)は、インクレチンベースの有用な抗糖尿病薬である。しかしDPP-4iは、その多面的効果により、懸念材料として膵外分泌に悪影響を与える可能性がある。

本研究では、人口ベースのコホート研究を使用して、DPP-4iが膵炎と膵臓癌に関連しているかどうかを調査した。

“新規2型糖尿病診断後のDPP-4阻害薬使用による膵炎・膵臓がんリスクはどのくらいですか?(韓国 人口ベース コホート研究; Diabetes Care. 2019)” の続きを読む