深頸部の間隙と川崎病の関連性(アメリカ人口ベース コホート研究; J Pediatr. 2019)

Deep Neck Space Involvement of Kawasaki Disease in the US: A Population-Based Study.

Inagaki K et al.

J Pediatr. 2019 Aug 30. pii: S0022-3476(19)30962-X.

doi: 10.1016/j.jpeds.2019.07.054. [Epub ahead of print]

PMID: 31477383

【目的】

川崎病の頸部深部病変の発生率と危険因子について説明する。

【研究の設計】

2006年、2009年、2012年、および2016年に、Kids ‘Inpatient Databaseを使用して後向き分析を行った。川崎病および頸部深部病変の症例は、12歳未満の子供の国際疾病分類コードを使用して特定された。川崎病症例の人口統計学的および転帰データを、頸部深部病変の有無にかかわらず比較した。

“深頸部の間隙と川崎病の関連性(アメリカ人口ベース コホート研究; J Pediatr. 2019)” の続きを読む