【批判的吟味】ダパグリフロジンは心不全増悪や心血管イベントを抑制できますか?(RCT; DAPA-HF; NEJM2019)

Dapagliflozin in Patients with Heart Failure and Reduced Ejection Fraction

McMurray JJV et al.

NEJM 2019

PMID:31535829

Funding: AstraZeneca

ClinicalTrials .gov number, NCT03036124.

【抄録の日本語訳はこちら↓】

駆出率が低下した心不全(HFrEF)患者におけるフォシーガ®️の効果はどのくらいですか?(RCT; DAPA-HF; NEJM 2019)

PICOTS

P: EF40%以下の心不全患者(NYHA II〜IV)

I : 標準治療+ダパグリフロジン 10mg/day

C: 標準治療+プラセボ

O: primary outcome —- 心不全の増悪(入院あるいは静脈内治療を必要とする心不全)+心血管死亡の複合

T: ランダム化比較試験(バランスブロックランダム化、2型糖尿病の有無に重きをおきわ層別化)、治療・予後、プラセボ対照、ITT解析

S: 20ヶ国の410施設、追跡期間18ヶ月

“【批判的吟味】ダパグリフロジンは心不全増悪や心血管イベントを抑制できますか?(RCT; DAPA-HF; NEJM2019)” の続きを読む