アルダクトン®️使用による高カリウム血症リスクはどのくらいですか?(人口ベース コホート研究; NEJM 2004)

Rates of hyperkalemia after publication of the Randomized Aldactone Evaluation Study.

Juurlink DN, et al.
N Engl J Med. 2004.

PMID: 15295047

【背景】

ランダム化アルダクトン評価研究(RALES)は、スピロノラクトンが重症心不全患者の転帰を大幅に改善することを実証した。 これらの患者では、アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害剤の使用も指示されている。 ただし、これらの薬物を併用すると、生命を脅かす高カリウム血症が発生する可能性がある。

“アルダクトン®️使用による高カリウム血症リスクはどのくらいですか?(人口ベース コホート研究; NEJM 2004)” の続きを読む