【批判的吟味】進行性パーキンソン病患者におけるデュオドーパ®️の効果はどのくらいですか?(RCT; LCIG Horizon Study; Lancet Neurol. 2014)

Continuous intrajejunal infusion of levodopa-carbidopa intestinal gel for patients with advanced Parkinson’s disease: a randomised, controlled, double-blind, double-dummy study.

Randomized controlled trial

Olanow CW, et al.
Lancet Neurol. 2014.

FUNDING: AbbVie.

ClinicalTrials.gov, numbers NCT00660387 and NCT0357994.

PMID: 24361112

【背景】

レボドパはパーキンソン病の最も効果的な治療法だが、慢性治療は潜在的な運動合併症に対して無効となる可能性がある。

実験的研究では、運動合併症は薬物の非生理学的で断続的な投与に起因するものであり、これは継続的な薬剤送達で軽減できることが示唆されている。

本試験はレボドパ-カルビドパ腸管ゲルを空腸内経皮チューブを通して継続的に送達することの有効性と安全性を評価することを目的とした。

“【批判的吟味】進行性パーキンソン病患者におけるデュオドーパ®️の効果はどのくらいですか?(RCT; LCIG Horizon Study; Lancet Neurol. 2014)” の続きを読む