透析患者におけるNSAIDs使用は死亡リスクを増加させますか?(台湾 人口ベース前向きコホート研究; Clin Epidemiol. 2019)

Association between NSAID use and mortality risk in patients with end-stage renal disease: a population-based cohort study.

Lai KM, et al.
Clin Epidemiol. 2019.

PMID: 31213924

【背景】

疼痛は末期腎臓病患者が経験する最も一般的な症状の1つである。

NSAIDsは有害事象を引き起こす可能性があり、またNSAIDs使用は末期腎臓病患者でかなり高いようである。

しかし、NSAIDs使用がこの母集団の死亡リスクの増加と関連しているかどうかは不明のである。

【目的】

本研究は、末期腎臓病患者におけるNSAIDsの使用と死亡リスクとの関連を調査することを目的とした。

“透析患者におけるNSAIDs使用は死亡リスクを増加させますか?(台湾 人口ベース前向きコホート研究; Clin Epidemiol. 2019)” の続きを読む