慢性腎障害患者における厳格な血圧コントロールは死亡率に寄与できますか?(RCT個人データのプール解析; Hypertension 2019)

Mortality Outcomes With Intensive Blood Pressure Targets in Chronic Kidney Disease Patients

A Pooled Individual Patient Data Analysis From Randomized Trials
Aggarwal et al.

Originally publishedhttps://doi.org/10.1161/HYPERTENSIONAHA.119.12697

Hypertension. 2019;73:1275–1282

PMID: 31067189

【試験の背景】

高血圧は慢性腎障害の人口で非常に流行しており、病的状態である。また、この人口に対する血圧(BP)の治療目標は不明である。

本研究ではアウトカムに全死亡率を設定して、収縮期血圧 <140 mm Hgの集中治療を基準とした群と、<130 mm Hgを治療基準とした標準BP治療群とを比較した。

【方法】

高血圧症かつ慢性腎障害患者4,983人からの個々のデータは、4つの多施設ランダム化対照試験 – AASK(アフリカ系アメリカ人の腎臓病および高血圧の研究)、ACCORD(糖尿病における心血管リスクの管理)、MDRD(腎臓における食事の修正)、およびSPRINT(収縮期血圧介入試験)から得られた。これらのデータをプール解析した。

“慢性腎障害患者における厳格な血圧コントロールは死亡率に寄与できますか?(RCT個人データのプール解析; Hypertension 2019)” の続きを読む