メトグルコ®️による乳酸アシドーシス発生頻度は腎機能に左右される?(コミュニティベースコホート研究; JAMA Intern Med. 2018)

Association of Metformin Use With Risk of Lactic Acidosis Across the Range of Kidney Function: A Community-Based Cohort Study.

Lazarus B, et al.
JAMA Intern Med. 2018.

PMID: 29868840

【研究の重要性】

2型糖尿病および軽度から中等度の腎臓疾患を有する米国の約100万人の患者は、メトホルミンによるガイドラインに基づく治療を受けていない。 これは、慢性腎臓病患者のアシドーシスのリスクに関する不確実性を反映している可能性がある。

【目的】

メトホルミン使用とアシドーシスによる入院との関連性を推定された糸球体濾過率(eGFR)の範囲にわたって定量化し、経時的なeGFR段階の変化を定量化する。

“メトグルコ®️による乳酸アシドーシス発生頻度は腎機能に左右される?(コミュニティベースコホート研究; JAMA Intern Med. 2018)” の続きを読む