乳児における肺静脈狭窄の予後はどのくらいですか?(SR&MA; J Pediatr. 2018)

Pulmonary Vein Stenosis in Infants: A Systematic ReviewMeta-Analysis, and Meta-Regression.

Backes CH et al.
J Pediatr. 2018 Apr 9. pii: S0022-3476(18)30218-X.
doi: 10.1016/j.jpeds.2018.02.030. [Epub ahead of print]
PMID: 29650415

【目的】

肺静脈狭窄(PVS)と診断された幼児(1歳未満)のアウトカムを定量化する。

【研究デザイン】

2017年2月1日までMEDLINE(PubMed)、Scopus、およびWeb of Scienceを検索した。言語制限はなし。前回の介入がなく、プライマリPVSと診断された乳児を含む文献が考慮された。

本研究は、疫学ガイドラインの観察研究のメタ分析、体系的レビュー、メタ分析のチェックリストに従って実施され、前向きに登録された。

選択された報告書の質は批判的に検討された。

データ抽出は、先験的に合意された結果を有する複数の観察者によって独立して行われた。データは、逆分散不均質モデルを用いてプールされ、主要評価項目は死亡率であった。

“乳児における肺静脈狭窄の予後はどのくらいですか?(SR&MA; J Pediatr. 2018)” の続きを読む