スタチン使用と高コレステロール値および開放隅角緑内障リスク(コホート研究のプール解析; JAMA Ophthalmol. 2019)

Association of Statin Use and High Serum Cholesterol Levels With Risk of Primary Open-AngleGlaucoma.

Kang JH et al.

JAMA Ophthalmol. 2019 May 2.

doi: 10.1001/jamaophthalmol.2019.0900. [Epub ahead of print]

PMID: 31046067

【研究の重要性】


スタチン(ヒドロキシメチルグルタリルコエンザイムA阻害剤)の使用は、原発性開放隅角緑内障(POAG)のリスクの低下と関連している。しかし、これまで報告された結果は矛盾しており、そして高コレステロールレベルとPOAGとの間の関連についてはほとんど知られていない。

【目的】

コレステロール値の上昇とスタチン使用およびPOAGの関連性を評価すること。

“スタチン使用と高コレステロール値および開放隅角緑内障リスク(コホート研究のプール解析; JAMA Ophthalmol. 2019)” の続きを読む