小児てんかん重積発作に対する第二選択薬はどちらが優れていますか?アレビアチン®️ vs. イーケプラ®️(Open-RCT; ConCEPT trial; Lancet 2019)

Levetiracetam versus phenytoin for second-line treatment of convulsive status epilepticus in children (ConSEPT): an open-label, multicentre, randomised controlled trial.

Dalziel SR et al.
Lancet. 2019.
PMID: 31005386
FUNDING: Health Research Council of New Zealand, A+ Trust, Emergency Medicine Foundation, Townsville Hospital Private Practice Fund, Eric Ormond Baker Charitable Fund, and Princess Margaret Hospital Foundation.
This trial is registered with the Australian and New Zealand Clinical Trials Registry, number ACTRN12615000129583.

【背景】

フェニトイン(アレビアチン®️)は、一次ベンゾジアゼピン系薬剤による治療失敗後の小児けいれん性てんかん重積状態の二次治療のための標準治療だが、症例の60%でのみ有効であり、かなりの副作用と関連している。

より新規の抗けいれん薬、レベチラセタム(イーケプラ®️)は、より早期に投与することができ、潜在的により有効であり、そしてより許容しうる有害作用プロファイルを有する。

フェニトインまたはレベチラセタムが小児けいれん性てんかん重積状態に対する優れた二次治療であるかどうかを決定することを目的とした。

“小児てんかん重積発作に対する第二選択薬はどちらが優れていますか?アレビアチン®️ vs. イーケプラ®️(Open-RCT; ConCEPT trial; Lancet 2019)” の続きを読む