低ナトリウム塩代替により高血圧症、脳卒中、死亡率は低下しますか?(Heart. 2019)

Effect of low-sodium salt substitutes on blood pressure, detected hypertension, stroke and mortality.

Hernandez AV et al.

Heart. 2019

Jan 19. pii: heartjnl-2018-314036.

doi: 10.1136/heartjnl-2018-314036.

PMID: 30661034

試験の目的

系統的レビューおよびメタアナリシスを実施して、心血管系(CV)疾患を軽減するための潜在的な介入としての低ナトリウム塩代用品(LSSS)の有効性を評価した。

方法

5つの検索エンジンとClinicalTrials.govを運用開始から2018年5月まで検索した。

LSSSを受けている群における高血圧、収縮期血圧(SBP)、拡張期血圧(DBP)、全死亡率、脳卒中および他のCV危険因子を、通常の塩を摂取している群と比較した成人高血圧または一般集団を登録したランダム化比較試験(RCT)が含められた。

効果はリスク比または平均差(MD)およびそれらの95%CIとして表された。エビデンスの質の評価はGRADE(Grading of Recommendations Assessment, Development and Evaluation)の方法論に従った。

“低ナトリウム塩代替により高血圧症、脳卒中、死亡率は低下しますか?(Heart. 2019)” の続きを読む