メトホルミン使用はDPP-4阻害薬が心血管アウトカムに及ぼす影響を緩和できるかもしれない(メタ分析; Diabetes Care 2017: Charge)

Metformin Use May Moderate the Effect of DPP-4 Inhibitors on Cardiovascular Outcomes.

Crowley MJ et al.

Diabetes Care. 2017.

PMID: 29051159

【目的】

メトホルミン使用がジペプチジルペプチダーゼ4阻害剤(DPP-4i)の心血管作用に対する潜在的モデレーターであるか探索する。

【方法および研究デザイン】

DPP-4i使用による 3-point MACEへの影響を検討した臨床試験についてメタ分析を行った。 DPP-4iの心血管作用が、メトホルミン使用者と非使用者とで異なるかを検討するためにメタ回帰(分析)を用いた。

【結果】

DPP-4iとメトホルミンを使用しているグループでは、心血管アウトカムのハザード比[HR] は 0.92、95%信頼区間[95%CI]は 0.84~1.01であった。一方、メトホルミン非使用グループでは、HR =1.10 [95%CI 0.97~1.26]であった。

メトホルミン使用者と非使用者のサブグループ解析において、DPP-4i使用による効果の差は、統計的に有意であった(P = 0.036)。

【結論】

PP-4i使用による心血管アウトカム増加に対し、基礎治療としてのメトホルミン使用は緩和効果を有する可能性がある。

仮説生成分析は、DPP-4i使用が心血管アウトカムに及ぼす影響について、依然として不確実性が存在していること(併用薬に依存すること)を示唆している。

【コメント】

アブストのみ。

著者も述べていますが、本結果は ”仮説生成” です。過去の RCTやメタ解析において DPP-4i使用による心不全増加の懸念が報告されていますが、心不全を増やさないとする報告もあります。

個人的には薬剤間で安全性に差異があると捉えています。また過去の臨床試験結果をみてみると、基礎治療にはほぼメトホルミンが使用されています。個人的には DPP-4i単独で使用する意義は分かりません。続報を待ちます。

 

 

 

-Evidence never tells you what to do-




👇 ポチッていただけますと喜びます。

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

Up-To-Date Evidence of DPP-4 inhibitors(Last UpDated: OCT 14th, 2017)

⌘ 背景・目的

経口血糖降下薬である DiPeptidyl Peptidase-4 inhibitors(DPP-4阻害薬)のオマリグリプチン(マリゼブ®️)の非劣性ランダム化比較試験の結果が発表された(2017年)。これまでに発表されているアログリプチン(ネシーナ®️)サキサグリプチン(オングリザ®️)、そしてシタグリプチン(グラクティブ®️、ジャヌビア®️)の結果も併せまとめておく。なお、プライマリーアウトカムが 3-point MACEを設定している試験のみを抽出。

⌘ 疑問

DPP-4阻害薬は 2型糖尿病患者における心血管アウトカムの発生を抑制できるか。

⌘ 結果

表1. DPP-4阻害薬のリスク・ベネフィット各論文より作成 — プライマリーアウトカムは 3-point MACEである心血管イベントのみ)

 

⌘ 各試験の文献一覧

▶️アログリプチン – EXAMINE

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=23992602

▶️サキサグリプチン – SAVOR-TIMI53

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=23992601

▶️シタグリプチン – TECOS

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=26052984

▶️オマリグリプチン – 固有試験名無し

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=28893244

▶️EXAMINEのサブグループ解析 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=25765696

 

⌘ コメント

倫理的観点から非劣性試験ばかりである。またプライマリーアウトカムである心血管イベントにおいて、プラセボ薬に対する非劣性は証明されたが優越性は示されていない。しかしメタ解析では心血管イベント発生に対する抑制効果が示唆されているものもある(→準備中です)。

血糖降下作用は、インスリンやスルホニル尿素系薬に比べマイルド。そのため単独使用では低血糖症状をほぼ引き起こさないようだ。

FDAやEMAから課せられた課題はクリアしている。しかし真のアウトカムへの効果は不明。あとは誰に使うのか、真の課題は薬剤使用の個別化であろう。