虚血性脳卒中患者におけるLDLコレステロール値の目標はどのくらいが良さそうですか?(Open-RCT; Treat Stroke to Target; NEJM 2019)

A Comparison of Two LDL Cholesterol Targets after Ischemic Stroke.

Amarenco P, et al.

N Engl J Med. 2019.

Funded by the French Ministry of Health and others

ClinicalTrials.gov number, NCT01252875.

PMID: 31738483

【背景】

一時的な虚血性発作(TIA)とアテローム性動脈硬化症による虚血性脳卒中後では、スタチン薬による集中的な脂質低下療法の使用が推奨されている。

しかし脳卒中後の心血管イベントを減らすための低密度リポタンパク質(LDL)コレステロールの目標レベルは十分に研究されていない。

“虚血性脳卒中患者におけるLDLコレステロール値の目標はどのくらいが良さそうですか?(Open-RCT; Treat Stroke to Target; NEJM 2019)” の続きを読む

心房細動患者におけるワーファリン®️開始:虚血性脳卒中における初期効果(イギリス人口ベース コホート内症例対照研究:Eur Heart J. 2014)

Initiation of warfarin in patients with atrial fibrillation:  early effects on ischaemic strokes.

Azoulay L et al.

Eur Heart J. 2014 Jul 21;35(28):1881-7.

doi: 10.1093/eurheartj/eht499. Epub 2013 Dec 18.

PMID: 24353282

【目的】

脳卒中のリスク増加は、研究の終わりに患者がオープンラベルワルファリンに移行したときに、経口第Xa因子阻害剤2つの心房細動(AF)試験で観察された。

本研究の目的は、ワルファリンの開始が心房細動患者の脳卒中リスク増加と関連しているかどうかを判断することである。

“心房細動患者におけるワーファリン®️開始:虚血性脳卒中における初期効果(イギリス人口ベース コホート内症例対照研究:Eur Heart J. 2014)” の続きを読む

高血糖をともなう急性虚血性脳卒中後の厳格な血糖コントロールは有効ですか?(SHINE RCT; JAMA 2019)

Intensive vs Standard Treatment of Hyperglycemia and Functional Outcome in Patients With Acute Ischemic StrokeThe SHINE Randomized Clinical Trial

Johnston CK et al.
JAMA. 2019;322(4):326-335.
doi:10.1001/jama.2019.9346

PMID:

Trial Registration  ClinicalTrials.gov Identifier: NCT01369069

【臨床疑問】

高血糖性急性虚血性脳卒中患者の集中的な血糖管理は機能的アウトカムを改善するか?

“高血糖をともなう急性虚血性脳卒中後の厳格な血糖コントロールは有効ですか?(SHINE RCT; JAMA 2019)” の続きを読む

【批判的吟味】虚血性脳卒中患者におけるプレタール®️ベースDAPT治療にはバイアスピリン®️とプラビックス®️どちらが良さそうですか?(オープンラベルRCT; Lancet Neurology 2019)

Dual antiplatelet therapy using cilostazol for secondary prevention in patients with high-risk ischaemic stroke in Japan: a multicentre, open-label, randomised controlled trial

Toyoda et al.

Lancet Neurology 2019

DOI:https://doi.org/10.1016/S1474-4422(19)30148-6

ClinicalTrials.gov (number NCT01995370) UMIN Clinical Trials Registry (number 000012180).

PMID: 未

Funding: Otsuka Pharmaceuticals

【研究の背景】

アスピリンとクロピドグレルによる二重抗血小板療法は虚血性脳卒中の早期再発を軽減するが、長期間の使用において、このタイプの療法はもはや効果がなくなり、出血のリスクが高まることが報告されている。

シロスタゾールがアスピリンと比較して重篤な出血リスクを増加させることなく脳卒中の再発を予防するという仮説を立て、シロスタゾールを含む二重抗血小板療法が安全で長期使用に適しているかどうかを確立することを目指し試験を行った。

“【批判的吟味】虚血性脳卒中患者におけるプレタール®️ベースDAPT治療にはバイアスピリン®️とプラビックス®️どちらが良さそうですか?(オープンラベルRCT; Lancet Neurology 2019)” の続きを読む

虚血性脳卒中あるいは一過性脳虚血発作に対するバイアスピリン®️とプラビックス®️の併用期間はどのくらいが最適ですか?(SR&MA: Stroke 2019)

Optimal Duration of Aspirin Plus Clopidogrel After Ischemic Stroke or Transient Ischemic Attack

A Systematic Review and Meta-Analysis
Rahman H et al.
Stroke 2019
Originally published

【試験背景と目的】
急性虚血性脳卒中または一過性虚血発作(TIA)を呈する患者におけるアスピリン単独療法と比較し、アスピリンとクロピドグレル併用療法の役割は依然として不明である。アスピリン単独療法と比較したアスピリン+クロピドグレル併用療法の有効性および安全性の最適期間を決定するために本研究を実施した。

【方法】
急性虚血性脳卒中またはTIAの患者を対象に、アスピリン+クロピドグレルとアスピリン単剤療法とを比較した。

MEDLINE、EMBASE、およびCochrane Central of Controlled Trials(CENTRAL)を用いて10件のランダム化比較試験(15,434人)を選択した。

主要な有効性のアウトカムは再発性虚血性脳卒中であり、主な安全性の結果は大出血でした。副次的アウトカムは、主要な有害心血管イベント(脳卒中、心筋梗塞、心血管死亡の複合)および全死亡だった。

短期(≦1ヶ月)、中期(≦3ヶ月)、および長期(> 3ヶ月)のアスピリン+クロピドグレル併用療法に基づいて分析を層別化した。治療による影響は95%信頼区間(CI)で相対リスク(Relative Risk, RR)として推定された。

“虚血性脳卒中あるいは一過性脳虚血発作に対するバイアスピリン®️とプラビックス®️の併用期間はどのくらいが最適ですか?(SR&MA: Stroke 2019)” の続きを読む