経皮的冠動脈インターベンション実施患者におけるcangrelor、エフィエント®、ブリリンタ®およびプラビックス®の比較:ネットワークメタアナリシス(Cardiovasc Revasc Med. 2017)

A comparison of cangrelor, prasugrel, ticagrelor, and clopidogrel in patients undergoing percutaneous coronary intervention: A network meta-analysis.

Westman PC et al.

Cardiovasc Revasc Med. 2017 Mar;18(2):79-85. doi: 10.1016/j.carrev.2016.10.005. Epub 2016 Oct 21.

PMID: 28089137

試験の背景

従来薬(例えばプラビックス®️、クロピドグレル)と比べ、より新しいP2Y12阻害剤、特に静脈内P2Y12阻害剤cangrelor(本邦未承認)は、より迅速な血小板阻害発現を有する。

Cangrelorと経口P2Y12阻害薬ブリリンタ®️(チカグレロル)とエフィエント®️(プラスグレル)との直接比較は未だ報告されていない。従って、経皮的冠動脈インターベンション(percutaneous coronary intervention, PCI)を受けている患者において異なるP2Y12阻害剤を直接的および間接的に比較するためのネットワークメタアナリシスを実施した。

“経皮的冠動脈インターベンション実施患者におけるcangrelor、エフィエント®、ブリリンタ®およびプラビックス®の比較:ネットワークメタアナリシス(Cardiovasc Revasc Med. 2017)” の続きを読む

PCI治療を受けた急性心筋梗塞患者におけるエフィエント®️ vs. ブリリンタ®️(PRAGUE-18 trial; Circulation 2016)

Prasugrel Versus Ticagrelor in Patients With Acute Myocardial Infarction Treated With Primary Percutaneous Coronary Intervention: Multicenter Randomized PRAGUE-18 Study.

Motovska Z et al.

Circulation. 2016 Nov 22;134(21):1603-1612. Epub 2016 Aug 30.

PMID: 27576777

ClinicalTrials.gov. Number: NCT02808767.

試験の背景

これらの新しいP2Y12阻害剤のより高い有効性がクロピドグレルと比較して最初に実証されて以来、7年間で、ticagrelorおよびプラスグレルの有効性および安全性の無作為化比較が発表されていない。

“PCI治療を受けた急性心筋梗塞患者におけるエフィエント®️ vs. ブリリンタ®️(PRAGUE-18 trial; Circulation 2016)” の続きを読む