検査キットがインフルエンザを診断する?いいえ、医師が診断します(厚生労働省ホームページより)

⌘ 背景・疑問

インフルエンザの季節になると、患者さんは必ずと言っていいほど、「インフルエンザの検査をして欲しい」と言います。

なかには「検査してもらえなかったのに薬だけだされた」と、オセルタミビル(タミフル®︎)とアセトアミノフェン(カロナール®︎)が処方され『???』となっている方がいます。

インフルエンザの診断に検査キットは必須なのでしょうか?

 

 

⌘ 結論

本ブログのタイトルの通りです。診断は医師が行います。決して検査キットが決めるのではありません。

 

 

⌘ 根拠

理由は大きく分けて2つありますが今回は、そのうちの1つをご紹介します。

 

▶️厚生労働省のホームページ「政策について」の項にインフルエンザの記載があります。

これによると、医師及び獣医師はインフルエンザ患者と診断した場合、『法第14条第2項の規定による届出を週単位で、翌週の月曜日に届け出なければならない』とされています。

そして届出の基準として以下の記載があります。

 

▶️症状や所見からインフルエンザが疑われ、かつ、表.1のすべてを満たすか、表.1のすべてを満たさなくても表.2を満たすことにより、インフルエンザ患者と診断。

 

表.1:届出のために必要な臨床症状(4つすべてを満たすもの)

突然の発熱
高熱
上気道炎症状
全身倦怠感等の全身症状

 

表.2:届出のために必要な検査所見

検査方法: 迅速診断キットによる病原体の抗原の検出
検査材料:  鼻腔吸引液、鼻腔拭い液、咽頭拭い液

 

▶️つまり、検査キットは必須ではありません。また上記の4徴候が認められなくとも今後、症状が悪化しインフルエンザの兆候を示しそうな場合、医師はインフルエンザと診断します。

 

▶️いかがでしょうか。少なくとも検査キットが必須でないことは国が示しています。ただ私個人としては「〇〇が言っているから、そのようにしましょう」というのは、あまり好きではありません。もう一つの理由については、今後ブログで紹介していきます。

 

-Evidence never tells you what to do-




 

ピロリ菌検査の感度と特異度はどのくらいですか?(日本ヘリコバクター学会ガイドライン2015)

以前の記事の続きです。

ピロリ菌感染診断法における各検査の感度・特異度を以下の表にまとめました。

やはり尿素呼気検査の感度と特異度は高いですね。

表1. ピロリ菌感染診断法の感度・特異度

 診断法  感度(%)  特異度(%)
 迅速ウレアーゼ試験

除菌前 1)

除菌後 2)

 

85~95

61~100

 

95~100

91~100

 鏡検法

除菌前

     HE 染色 3,4)

      ギムザ染色 3)

 

 

92~99

88

 

 

89~100

98

 培養法 5)  68 ~ 98  100
 尿素呼気試験 6-9) 95~98  95~97
 抗体測定法

除菌前

     血清抗体 10,11)

     尿中抗体 10,11)

 

 

88~100

85~96

 

 

50~100

79~90

 便中抗原測定法

        除菌前 12)

   除菌後 13-15)

 

96~100

75~90

 

97~100

96~100

(日本ヘリコバクター学会ガイドライン2015から引用)

⌘ 参考文献

  1. Ricci C et al.Diagnosis of Helicobacter pylori: invasive and non-invasive tests. Best Pract Res Clin Gastroenterol. 2007; 21(2): 299-313. [PMID:17382278]
  2. Vaira D et al.How useful is the rapid urease test for evaluating the success of Helicobacter pylori eradication therapy? Nat Clin Pract Gastroenterol Hepatol. 2007 Nov; 4(11): 600-1. [PMID: 17925801]
  3. Laine L et al. Prospective comparison of H&E, Giemsa, and Genta stains for the diagnosis of Helicobacter pylori. Gastrointest Endosc. 1997 Jun; 45(6): 463-7. [PMID: 9199901]
  4. MacOni G et al. Is routine histological evaluation an accurate test for Helicobacter pylori infection? Aliment Pharmacol Ther. 1999 Mar; 13(3): 327-31. [PMID:10102966]
  5. Cutler AF. Diagnostic tests for Helicobacter pylori infection. Gastroenterologist. 1997 Sep; 5(3): 202-12. [PMID: 9298375]
  6. Gisbert JP et al. Review article: 13C-urea breath test in the diagnosis of Helicobacter pylori infection — a critical review. Aliment Pharmacol Ther. 2004 Nov 15; 20(10): 1001-17. [PMID: 15569102]
  7. Kato M et al.Clinical studies of 13C-urea breath test in Japan.  J Gastroenterol. 1998; 33 Suppl 10: 36-9. [PMID:9840015]
  8. Ohara S et al. Studies of 13C-urea breath test for diagnosis of Helicobacter pylori infection in Japan. J Gastroenterol. 1998 Feb; 33(1): 6-13. [PMID: 9497214]
  9. Ohara S et al. The UBiT-100 13CO2 infrared analyzer: comparison between infrared spectrometric analysis and mass spectrometric analysis. Helicobacter. 1998 Mar; 3(1): 49-53. [PMID: 9546118]
  10. Kato M et al. Clinical usefulness of urine-based enzyme-linked immunosorbent assay for detection of antibody to Helicobacter pylori: a collaborative study in nine medical institutions in Japan. Helicobacter 2000; 5: 109-119. [PMID: 10849061]
  11. Murakami K et al. An evaluation of the performance of a novel stick-type kit for rapid detection of Helicobacter pylori antibodies in urine. Clin Lab 2011; 57: 481-487. [PMID: 21888011]
  12. Sato M et al. Characterization and usefulness of stool antigen tests using a monoclonal antibody to Helicobacter pylori catalase. J Gastroenterol Hepatol 2012; 27 Suppl 3: 23-28. [PMID: 22486867]
  13. Chey WD. Proton pump inhibitors and the urea breath test: how long is long enough? Am J Gastroenterol 1997; 92: 720-721. [PMID:9128344]
  14. Shimoyama T et al. Applicability of a rapid stool 17 antigen test, using monoclonal antibody to catalase, for the management of Helicobacter pylori infection. J Gastroenterol 2011; 46: 487-491. [PMID: 21264478]
  15. Shimoyama T et al. Comparison of monoclonal antibody-based stool antigen tests to determine the results of Helicobacter pylori eradication therapy. Scand J Gastroenterol 2010; 45: 1431-1434. [PMID: 20695725]

 




 

ピロリ菌の検査方法にはどんなものがありますか?

ピロリ菌の検査方法には、内視鏡(昔でいうところの胃カメラ。厳密にいうと違う)を使用するものと、使用しないものがある。

 

⌘ 内視鏡を使用した検査方法(侵襲的)
①迅速ウレアーゼ試験
②鏡検法
③培養法

⌘ 内視鏡を使用しない検査方法(非侵襲的)
④抗体測定
⑤尿素呼気試験
⑥便中抗原測定

 

▶️個人的には④と⑤の使用頻度が高いと感じている。患者さんの負担が軽いからかな?と思ったら、尿素呼気検査については感度と特異度が共に 95% 以上あるようなので、これが根拠であると考えられる(→ピロリ菌検査の感度と特異度はどのくらいですか?)。保険の同時算定も可能なようです。

 

▶️各検査の大まかな費用は下記サイトが分かりやすいかも。筆者は薬局勤務なので詳細はわからない。

 

リンク先→ 血液検査でピロリ菌の有無を判定!

検査


▶️ちなみにですが胃カメラと内視鏡は別物です。

▶️内視鏡は、正確には「上部消化器内視鏡検査」と呼ばれ、経口あるいは経鼻で使用されます。現在では、ほぼ全てが内視鏡であると考えられます。なぜなら胃カメラはリアルタイム画像の取得が出来ないからです。

▶️検査中に自身の胃壁を見たことがある人は、間違いなく内視鏡検査です。ただ、胃カメラの方が伝わりやすく、呼びやすいため現在でも内視鏡のことを “胃カメラ” と呼称していると考えられます。気になる方は Wikipediaを参照。