末梢動脈疾患患者における血圧は下げ過ぎない方が良い?(オーストラリアの前向きコホート研究: JAHA 2019)

Cohort Study Examining the Association Between Blood Pressure and Cardiovascular Events in Patients With Peripheral Artery Disease

Manapurathe TD et al.

Originally publishedhttps://doi.org/10.1161/JAHA.118.010748

Journal of the American Heart Association. 2019;8

【背景】

高血圧は末梢動脈疾患患者における心血管イベントの重要な危険因子である。ただし、これらの患者において最適な血圧目標はあまり定義されていない。

本研究では、末梢動脈疾患を有する前向きに募集された患者コホートにおける収縮期血圧(SBP)と心血管イベントとの関連を調べた。

“末梢動脈疾患患者における血圧は下げ過ぎない方が良い?(オーストラリアの前向きコホート研究: JAHA 2019)” の続きを読む

ザイロリック®使用は高齢者の末梢動脈疾患リスクを減らせますか?(Rheumatology (Oxford). 2018)

Allopurinol and the risk of incident peripheral arterial disease in the elderly: a US Medicare claims data study.

Singh JA et al.

Rheumatology (Oxford). 2018 Mar 1;57(3):451-461.

PMID: 29106674

試験の目的

ザイロリック®️(アロプリノール)の使用が米国の高齢者における末梢動脈疾患(PAD)のリスクの低下と独立して関連しているかどうかを検討する。

“ザイロリック®使用は高齢者の末梢動脈疾患リスクを減らせますか?(Rheumatology (Oxford). 2018)” の続きを読む